芸人ガロインのブログ。

同じことでも、こんなに違う。の心

愛は涙、愛は風景、愛は真心、
いろんな人が、いろんな言葉で、同じ事を表現している。

心を通わせたい。
心を尽くしたい。
やることは、表現することは、
心さえ込めていたら何しても、何でもいい。

何でもいいと言いつつ、この時点で、心ないものを排除している。
強制はしない。なんでもいいよ。
だけど、心があるか、ないかは、常に見る。僕も気をつけて。

心ってなんだろう。
心は情熱で動かすもの。

ブルーハーツめ
情熱の薔薇じゃんか。


最近のこと。
島崎智子のワンマンライブ。
カリフラワーポイント。
岡崎京子展。
岡本太郎美術館にて講談師 神田京子のライブ。
自転車のこと。

3月22日。
カリフラワーポイントって、主催ライブ。
今日も最高から最低まで、ライブだったなぁ。
大満足なとこと、大不満なとこと、いつもある。
自分に対して。
成長なんかしないけど、ただただ前に一歩ずつ進んでる。

打ち上げして、解散。18:30。
ちょうど島崎智子さんのワンマンライブが始まったころ。
いまから行くか、行かないか。
ライブ後の気分で決めようと思ってたから、予約はしてない。今朝の時点で残り7席とか。

ライブ後、スッキリしてたら行こう。モヤモヤしてたら辞めとこう。と、なんとなく思ってたけど、
さて、どーしよう。

現実逃避じゃないか。今日のライブのこととちゃんと向き合ったか
雨が降ってきた、着くのは何時になるだろう。半分くらい見逃すかなぁ
当日料金は3800円だ。高いなぁ
遅れて会場に入ると、他のお客さんの気が散るよな。迷惑かなぁ
島崎さんは、お客さん1人でも多い方が喜ぶよなぁ。。。


いやいや、そんなことは関係ないねん。理屈はええねん。
ただ、行きたいか、行きたくないか!

金額ではかることじゃない。
最後の一曲までに間に合うなら、どれだけ見逃すかは、関係ない。
他のお客さん、島崎さんにどう思われるかも関係ない。そんなことわからないし。

ここはやっぱ、情熱に任せるとこなのだ。

生活は理屈で、楽な方に。
人生は情熱で、楽しい方に。
はい、名言でました。


島崎さんがライブのMCでちょうど心の話をした。
フェイスブックに書いたこと。書かなかったこと。書くこと。書きにくいこと。

東京 荻窪 音楽専用空間クレモニア
●島崎智子・めいくる楽団コンサート
●18:00/18:30
●前3500円 当3800円
●めいくる楽団:Vo.Pf.島崎智子/Fl.上野洋/Tp.&F.Hr.久良木文/Tb.小篠亮介/Cb.服部将典/Perc.田井信明

セットリスト
@yoshida1231さん
RTより拝借。

二度目の初恋、ロマンス、つむじ、見よう見まね、ちょうど6時過ぎ、1200円の幸福、泣くな、米よ、おにぎりサンバ
~休憩~
バカヤロー、その日暮らし、こんなに風の強い日に、愛は涙、善良ちゃん、質問、芋虫、自転車こいで行く、何度も、蓮根模様、都落ち賛歌、洗濯屋さん、春よ、蛙の茹で上がり
~アンコール~
泣くな

休憩前のおにぎりサンバで席につく。休憩後は落ち着いて観れた。

この日は島崎さんが集めたメンバー めいくみらくる楽団と共に歌ってた。
そんな中、僕の大好きな蓮根模様だけソロで。くぅ~~っとうなる。

その日暮らしを歌う島崎さんの表情はいつも特に魅力的だ。

最後の4曲と新曲もどわ~っと、ぐわ~っときた。


僕は日々の生活すごくケチケチしてて、ついつい行きたいライブとかもその延長で考えてしまうけど、全く別物なんだよね。
そんな時、寺岡さんのライブに10万円払ったことを思い出して、我に返るのだ。寺岡さんありがとう。


歯医者から定期検診のハガキがきてて、今回は特に悪いとこないけど予約して、いちお昨日行ってきた。
診察台に座って、軽く受け応えして、半年前に治療したとこに軽く何かして、2分ほどで終了した。
820円なり。
ぐぬぬぬぬ


世田谷文学館 岡崎京子展

・「みんながみんなもっと変にズレて、めちゃくちゃな世の中になれば
もっと楽しいと無責任におもう。
みんな自信もってズレまくろうね。
愛だなぁ。」
・「キャーしましょう」
・「大好きな小沢健二さんやダウンタウンの映像を観て…略」
とかの言葉が、印象に残った。

こういっちゃ申し訳ないけど、僕も岡崎京子も一緒じゃんて思った。
やってることは全然違うけど、
そんな心。

岡崎京子さんは、デビューして10年くらい活動して、交通事故にあって、20年くらいリハビリ中らしい。
かなりザックリです。

展示の最後に
『ありがとう、みんな。』
の文字。
コンピューターを使って、目の動きで直筆した言葉だとか。

何も知らないし、全然わからないけど、抱きしめたいですね。


小沢健二がスターと「みなさん」について書いてた。
みなさんが言ってほしいことを言うだけのスター。
みなさんの期待通りの言動をするスター。
みなさんのレベルがそのまま反映されるスター。
スターとみなさんの関係性。
みなさんなんて存在しないのに。

つまんないよね。

裏切って、切り裂いて、突き抜けて、ここではないどこかを目指すスターは
道だけ残して、ズタボロのまま、誰にもしられず消え去ってないか。
そんなのかっこ良すぎるから、やめてくれよ。
僕は見てるよ。

スターでなくても、いつの間にか誰かに操られてたり、気づいたら自分じゃなくなったりしてる。
ちゃんとドッシリ自分でいなければ。
あー、いやだいやだ
理屈を蹴散らし、心のままに。

矛盾矛盾矛盾矛盾矛盾矛盾矛盾


快も不快も、構わない。
心があれば。
心のこもったライブをしたか?
心を込めてライブを観たか?


神田京子真打昇進公演。
対極主義 対極主義 対極主義

講談師 神田京子と、主人であり詩人の桑原滝弥。ナイスなコンビだった。
桑原滝弥さんの表現はマジで不快なくらいだったけど、それ以上に凄みがあった。
馴れ合うことなく、不協和音を
馴れ合うことなく、不協和音を
矛盾を孕んだまま
矛盾を孕んだまま


同じ道を、いつも通り、自転車こいでる。
やってることは一緒でもこんなに違う。こんなに違う。

自転車こいでて、タンクローリーを見かける度に本当に思う。
あぁ、ここで死ぬのか。と。

本当に誰がいつ死んでもおかしかない。
ただ、僕はまだ死ねないからな。



また三峯神社のことまで行けなかった。
また次回だ

3月23日撮影ヒヤシンスくん
やっと花が咲いてきたよ。
いい匂い
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
月別アーカイブ