芸人ガロインのブログ。

8月7日~9月5日 遡り後半 6日も追加しちゃった

文章を書き、自分の考え 問題を追いつめる。
当然思索自体がアクションであり、アクションはまた同時に…
激しい思索であるに違いないのだ!
(岡本太郎)

何かを得ようなんて、いやったらしい。ただ走り書くのみ。ただの記録。
走れー!

ハンターハンター32巻を拾って読んだ。ゴンのオヤジが言ってたこと。
いつも いま欲しいものを追っている
道草を大いに楽しめ
目的の欲しいものより大切なものがきっとそっちに 転がってる

ハンターハンターも
エヴァも
瞬時に僕を夢中にさせるな~

台風の中岡本太郎美術館へ行ったのは8月10日
激雨に諦めそうになるけど、降ったり止んだり。
諦めたら試合終了っていうか、人生終わりやぞ

とめどない 雲の流れの速さ
時間を早送りされてるような感覚の中
僕の照れはどこからくるのかと、
いまとなってはどーでもいいこと。
この日は30分しか観れなかったけど、岡本太郎の紹介するアヴァンギャルド芸術「子どもの絵」「精神障害者の絵」「民族資料」に触れて無敵になった。

「未開人も子供も狂人も、論理的に明らかに矛盾していること、例えば自分が自分であると同時に兎であるとか、雲だというような、あり得べからざることを平気で信じたり、夢で見た世界と現実の世界とを矛盾のままごちゃごちゃにして、ともに実在だと考えたりします。」
「彼らの表現はノーマルな社会の分別では到底考えられない、恐ろしい程の激しさを持っているのです。それはかえって我々を根源的な感動に回帰させる異常な魅力です。」

後日、咲ちゃんを連れてもう一回来た。
全然、感動してるようには見えなかったけど、咲ちゃんの描いた仮面は咲ちゃんそのまんまだった。


大切なものは いつも道草のなかにあった。

「芸人なんだから照れてちゃダメ」だって。
てってー的に照れてやろう。


追加でもらったプレゼント
漫画本、AV、自転車グッズ、ボウル、石鹸

相方からは、ポケモンのカンカン。
弟の部屋のゴミ箱に捨ててあったとか。

空飛ぶ霜田さんの誕生日は1月8日だよ。
28時間ライブに差し入れくれたギャースカ杉岡さんにも恩返ししなきゃ。誕生日は7月12日か、忘れちゃうな。


◎以下、7月のメモだ。こんなのばっかだ。げろげろ

効率とか、損得が浮かんだ時点で辞める。

自分のルールで生きるって決めた。

何言われてもいい。何言ってもいい。全部ウソ。

君がどーなったてどーだっていいさ、僕がどーなったてどーでもいいから
(僕のレテパシーズ)

あーしなきゃーとか
こーしなきゃーとか
もううんざりだよ
(ハイロウズ)


ダムドで、自分だけの受け取り方を熟成させること。
ツイキャスで、その人と作品。
ニコ生で、僕の性格。理屈と感覚。相方の言葉の意味のなさ。
ぶちで、繊細さと鈍感さ。

世界の不幸は全部僕のせいだけど、
昨日の僕と今日の僕は別人だけど、

何もしない時間は本当に何もしないでよ

はめあわせる考え方はいらない
一つずつ考えを積み上げるイメージ

言葉に引っ張られないで
理由は後付け
したい時に したいからするのが一番

食事も移動も一生懸命

本物の歌はいつでもどこでも僕だけのテーマソングになる

浅間神社とは友達になった。

竹原ピストル ステイフリー
島崎智子 蓮根模様
この頃よく聴いてた。

以上。



認定漫才師!
浜口浜村、馬鹿よ貴方は
おめでとたい!

モグライダーも!
三四郎も!

ドリーマーズは認定されなかったけど、2回戦サイコーだったよ。


『童貞。をプロデュース』07年公開作品
主役の二人、魅力爆発
峯田くんの唄も。
「迷惑はかけるもの」迷惑かけてもいいんだ!と走り出した1号にときめいた。
1部の終わり方にもときめいた。
2部の家族にもときめいた。
自転車、ブックオフ巡り、サブカル好き、ゴミ漁り、スクラップ帳(僕はビデオ編集)、膨大な無駄な時間
こんなんでも貫いてるとかっこいい!

本日12日21:00~ 最終上映だよ
DVD化は永遠にないよ!


元さくらんぼブービー木村さんの誕生日会
Love&Loveの日 ライブ終わりに。

誕生日会での相方のギャグと、この日の漫才は一緒だ。
僕には愛と勇気が必要だ。
本当はタダドリョクスレバイイダケ
そのカンキョーヲカチトルノダ
ソンナバショハナイケドナ



調布の花火大会


高円寺 阿波踊り



漫☆画太郎と駕籠真太郎の個展


カラオケ




代々木公園
デング熱の流行前でよかったね


伊藤くんに買って貰った



クリームソーダシティ展
伊藤くんは作者の長尾謙一郎さんにサイン貰ってたよ
両手だして握手してもらってたね


浜辺のウルフさんと
竹原ピストルズのライブへ
ウルフさんの感動が伝染って、僕も良い気分が増したよ



岡本太郎美術館


後半やっつけ
時間切れ
相変わらず同んなじこと言ってる

よく考えたらうまく言葉で伝えられたことないじゃん
いつも雰囲気で そのうまく言えないさまで何かを伝えてきたんじゃないか

面と向かって行くしかないぞー

ライブの魅力はYouTubeの中にはないぞー

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
月別アーカイブ