芸人ガロインのブログ。

名古屋の鬼のこと。無善寺のこと。


名古屋でのライブとってもよかった。
戦士さんが、出演芸人集めたり、会場手配してくれたり、集客やお金の面も頑張ってくれて、本当に感謝感謝です。
出演してくれた芸人、来てくれたお客さんにも感謝。
手伝ってくれた、受付の赤松くんと、音響照明のはまじに似た芸人さんもありがとー!名前忘れてごめーん。


リボンズの漫才は、まだまだ面白くなる絵がありありと浮かぶ。今後も楽しみ。


新生どんとまいんどは、名古屋でのライブが初舞台て。笑える。
ラーメンズ好きの落合くんはお笑い始めたて。バランス良いと思うし、ここもこっから楽しみ。


ガロイン含め、東京の3組は稽古より(作った時より)力はいっちゃうってのが最大の敵な気がする。
いかにあるがまま自然にやれるか。伴の言葉だと、ふにゃちんで。
リラックスしてやれるようになるのか、緊張感を味方につけるのか、コツを掴むとか、技術を身につけるって言葉でもいいけど。
もしくは寺岡さんみたく、周りを固めることで中で自由に遊んだり。
慣れたくはないけど、染み込ませたい。
いかに遊べる環境を作るか。どんな環境でも遊びじょーずになれるか。イメージを、ありありと思い描く。


戦士ティブマイハートは、ネタが面白くて驚いた。
前から戦士さんは我が道行ってて面白かったけど、ネタはスベり笑いの印象しかなくて。だけど、今回はネタで笑えた。あの教科書通りでないネタの運びは、スカしとか構成って言葉では説明されたくない感じ。

初めて見た名古屋芸人の中では、
ボブが一目でマジじゃんって感じで面白かった。
かさやんも全然違うんだけど、ある面マジだなってのが感じられて、惹かれた。
この2人、元はコンビだったそうで、なんか腑に落ちた。

手伝ってくたどっかんプロの子や、名古屋吉本の子も客席にいて、少し話せたけど。
向こうのライブも遊びいきたかったし。
挨拶にもいかず帰ってきちゃったや。


今日12日は無善寺へ藤本進と、藤本くんお勧めの咲さんを見に行ってきた。


お笑いも音楽も、好き嫌いの基準って、ぶっちゃけ雰囲気だ。
一目でなんとなく好きとか、嫌いとか。それが一番あってると思う。

その好き嫌いに理由をつけてくと、だんだんズレてく。
お笑いの場合は自分が笑えるかどうかっていうのも大事だけど、やっぱ一番はその人が好きか嫌いか。

で、理由をつけちゃうけど、無善寺のライブみてて、僕の言う、雰囲気が好きとか、なんとなく好きの中身って、マジかパフォーマンスかってとこかもと思った。
この人、かっこつけとか、ポーズでやってないな、マジだなってのがいいの。

マジだなって人は、意図とか狙いが見えない感じ。何がしたいねんってツッコミたくなる感じ。
かっこつけ、ポーズ、パフォーマンスの人は、意図とか狙いが透けて見えちゃってる感じ。

ただただ一生懸命やってる人って、心をうつ。なにがしたいのかなんて本人すらわかってねーよ。意味も意図もない、そーゆう仕草とかがもう。
好きだからやってるだけ、衝動にまかせてるだけ、なんとなくやってるだけ。そんなん。

ただこれも受け取り方で。
僕の大好きな古宮大志くんなんか、僕からしたら明らかにマジなんだけど、連れてった知り合いは、僕のレテパシーズ見てパフォーマンスじゃない?って言ってて。あー、こんな圧倒的なものでも、受け手の解釈でそーなるかと。
本当に世間はバカだ。
こーいうと、世間はバカだから、世間のせいにするなってなるけど。
そーじゃなくて、ただ、世間はバカだって、わかった上でやり続けるだけ。

まー、僕がいまこんな強気で言えるのにはわけがあって、最近信頼するあなたが味方してくれたのと、清志郎が「世間のせいにしちゃえるほどのことを自分ができてるか、ってのが大切なのかも…」とか言ってたからでね。
世間も清志郎とかビッグネームの発言には弱いっしょ。バーカバーカ。


一方で、マジの中には部屋で一人でやっとれよってやつもいる。閉じられた世界は危険。観客不在の表現は自己満足ですらない


今日は13日。書きかけのこの記事を読み返して…
なんか書きたいことはわかるけど、文字にすると

ぴーひゃらぴーひゃらパッパパラパー

昨日の藤本くんのライブは、初舞台の時よりやっぱりちゃんとしてて。当然初舞台の時のふにゃふにゃな新鮮さはなくて。世界は相変わらずオリジナルで。ケンジとモモちゃんは元ネタしってるっての抜きにして、良い歌だった。
本人は最悪の出来だと言ってたけど、こっちからしたら全然良くて、ってあるよね。

咲さんも僕の好きなタイプで、しかもちゃんとしてて、良さだけで言ったら大森靖子と変わらんよ。
アメンボさんにも見てほしーな。どー思うかな。
良さは美しさ。
大森さんはパワーとか、ポップさとかも凄いからな。

咲さんブログ
http://s.ameblo.jp/saki398s/

坂口沙子さんは、間違えた時の笑顔、はにかみがチャーミングだった。素の魅力。

無善法師は紙芝居してた。
無理矢理に、咲さんと。




情報捨てられるか。
なかなか捨てられない。
もぞもぞしてる。

RCサクセション
わかってもらえるさ

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
月別アーカイブ