芸人ガロインのブログ。

sons wo: 世界のために、とまどい編 『仏門オペラ』~立川談志の文化と文明~神聖かまってちゃんの8月32日へ~

今回もカゲヤマ気象台の作品だな!って感じ。
最初にカゲヤマさんの作品に触れた時がなかなか衝撃的で、2つ目も同じ感じだったから、今回も同じだろうと思ってました。
結果やはり同じでした。良くも悪くも。

なんでしょ、もう最初に衝撃をもらったので、あれ以上の衝撃はなかなかないよね。
どっかで化けて、さらなる衝撃をくれたりするんかな~。

今回は宣伝文句に『親鸞』とか『グルーヴ』って言葉があったからねー。観にきちゃうよね。
ただ残念ながら、期待したグルーヴはあの日の僕には感じられなかった。
体調悪かったし、咳き込みまくってたし、申し訳ないです。

感想は、異質だ。音楽が素敵だ。つげ義春の世界みたいだ。とかとか。

『長いしっぽ』の時と比べると、時間も物語も見やすかった。五幕のタイトルが書いてあるのも、字幕があるのも、わかりやすかった。
前回までは自発的にいろいろ想像して楽しんでたけど、今回はいろいろ親切で楽しまされた感がある。
僕の場合は、そこは割とどっちでもいいんだけど、一般的には今回みたく親切な方がいいんでしょうね。
楽しませてくれる分、自分で楽しむのをちょっと怠けちゃったかな~。そこは体調悪かったからってだけかな~。


さっきから体調、体調言ってるけど、演劇に限らず映画でもお笑いでも、本当に自分次第だなーとか思います。
クソみたいな作品でも自分次第で楽しめたりするし。
じゃあ作品の良し悪しってなんだーってなるけど、やっぱ当たり障りのない平均点が一番つまらんだよね。

めちゃくちゃ面白いか、腹立つくらいつまらんのがいいよね。
まぁ、これも松本人志とか岡本太郎とか、過去の人が言ってたか。

平均点にならない為には、その人を全開で出すだね。



で、僕の興味は、わかりやすい、わかりにくい、とかよりも、カゲヤマ気象台の濃度だろうな。
長いしっぽ~仏門オペラまで、毎回濃度100%だとは思うけど、カゲヤマさんはどっかで化けて最大値が上がったり、限界突破したりするんだろーな。
明らかに独自の道を進んでる感じがするもんなー。
やはり使命のある人は強いなと思う。


チラシもかっこよかった。
ジャケ買いじゃないけど、チラシがかっこいいから見に行くってのも、健全だと思います。

あのチラシのあいつは何者なんだろ?
宮本武蔵の描いた達磨と魚を足したみたいなあいつ。

あー、あと劇中の台詞で「語ることの本質は聞かせることではなく……」ってのがあったんだけど、その続きを聞き逃しちゃいました~。
気になる、気になる。


劇場へ足を運ぶのはやっぱいいなと思う。
観劇後、誰かと話すのもいいし、帰り道に自転車こぎながらいろいろ想像するのが楽しい。
読書も同じで、僕は家からちょっと距離をおきたかったりする。
sons wo:の作品は劇場の中じゃなくて、野外で見たらもっと異質さを楽しめそーだなとかも思った。


sons wo: 次回公演予定は
世界のために、祈り編 『二十三世紀(仮)』

またちょっと惹かれる題名。カゲヤマさんは言葉選びが良いよね~。
宣伝文句もうまいし。
なんだかんだまた次回も観に行ってしまうのかな~


観劇後、ジョナサンでガロイン会議。
今回も仏門オペラを話しの種に、いろいろ話せてよかった。

この先はガロインだけの共通言語です。

まさややん と たけしやん
恋愛 と 発見 をしたい
白黒つけたい
秩序や法などの壁を取っ払いたい
鬼がしたい
回ってる
カステラの中にあんぱんを見た
嬉しさはいつも突然やってくる
抑えきれずしてしまうこと
文化を築く
みんな違うと言いつつ同じでもある


伴くんは、ウソとかボケとか変なことしか言わないけど、だからこそその中に隠れた本音がたくさん聞こえてくる。
気がする。
常にまさややん。

僕はわざわざ いろいろ してしまう のだけど、
とにかく たけしやん でいたい。




◎立川談志
不快感の解消を己でするのが文化であり、他人の作ったもので 解消するのが文明 である。

不便を解消するのが文明。
不便を楽しむのが文化。

格闘技(総合)とは文明であり、プロレスとは文化である。



◎神聖かまってちゃん
8月32日へ

夏休みシリーズは自転車こぎながら聴きたいね。歌詞も最高や。

あとは、
夕暮れメモライザ
映画
僕は頑張るよっ
をよく聴いてます。

DVDのライブ映像は、MC何しゃべってるかわかんないとこ多かったけど、
とにかくの子の表情が素敵です。
の子 は の子 だな~


ナタリー の子インタビュー
http://natalie.mu/music/pp/kamattechan03

「そうですね。キチガイ……。勇気がキチガイ。キチガイは勇気……。」

勇気がキチガイ。キチガイは勇気。
勇気がキチガイ。キチガイは勇気。
勇気がキチガイ。キチガイは勇気。




◎この日、一番笑ったのは、ジョナサンで伴くんとしゃべってたら、僕の携帯にSNSで知り合ったフィリピーナから電話がかかってきた時。
その時点でかなりウケてて、僕は切ろうと思ったけど、伴くんが「出ろ!出てプロポーズしろ!」とはしゃいでたので、とりあえず出て。

僕の第一声「ハイ、タケシだよ~」

で、伴くん笑い転げてました。
僕もつられて笑いました。

伴くん「タケシだよ~、じゃないもんね。下の名前使っとるじゃん!」

そんなにウケるんだったら、39歳のフィリピーナと結婚してもいいけどねっ
スポンサーサイト
コメント
カントリー娘。
2011/09/07(水) 21:46 | URL | 語学力アップ #-[ 編集]
語学力アップさんへ
タガログ語を教えてくれ!
2011/09/08(木) 03:32 | URL | ガロイン薗田 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
月別アーカイブ