芸人ガロインのブログ。

B.DASHでピュレミー

上映会、漫才もやらせてもらって楽しかった。

まさかの純愛ネタ。
完全に即興でした。
上映会1本目の
稲葉 司監督「きみに会えて・完全版」
に触発されたの丸出し。

伴くん攻めるな~、
僕は聞く人。


●中村幸一監督「ハイスクールメモリーJr.」(15分)
相変わらず、出演者の雰囲気が良い。
これも上手・下手と別の次元だよね。
意外と真面目な作品だった。
前回の刑事のやつ面白かったんだよな。


後半は8mm作品を上映。
●津森伸彦監督「仁義なき女必殺拳」(18分)
●岩崎進監督「殺意」(20分)
広島からきた1978年の作品だったかな。
もうひとつは中村監督じゃないけど、B級映画ランダムの作品かな。たぶん1980年、僕が生まれた年。

古さと自主制作な感じがいいのかな。
出演者が笑っちゃったり、言い間違えたり、
そんなとこに、こだわりはない感じ。
撮影場所にはこだわりがあって、わざわざ新潟の知り合いが経営してるホテルへ。
とても健全だ。

楽しんで作ってるんだろうなと伝わってくる。
若き日の中村幸一さんも出演してて、アフロで笑えたし、感動した。
ずーっとこんなことしてんだね。


リアルよりリアリティーってのは、こーゆう事じゃないかと。
どんなに上手く演技しても、所詮演技だし。


タイムラグで共演した久保くんに誘われて
東京タンバリンの『お買い物』観て来た。
話しの内容はわかりやすいけど、
僕が知りたい事は何もわからなかった。

そう考えると、
中村幸一さん、カゲヤマ気象台さん、伴 雅哉、

やりたい事、やってる事、わかりやすいのになぁ。



ハイロウズの『十四才』
から、
『かもめのジョナサン』と、
『ジョナサン・リッチマン』
を知る。


ほんとそうだよな どうでもいいよな
ほんとそうだよな どうなってもいいよな♪

それは僕の心臓ではなく それは僕の心に刺さった♪

いつでもどんな時でもスイッチを入れろよ
そん時は必ずおまえ 十四才にしてやるぜ♪


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
月別アーカイブ