芸人ガロインのブログ。

『茫然とする技術』宮沢章夫

まるこ姉さんに借りた、宮沢章夫の『茫然とする技術』を読んだ。

この人も着眼点が素晴らしい。
ダメな感じ・トホホな感じを見抜く。
パレード・サンキュー・デラックスなどの言葉を見つめ直す。

そして、大槻ケンヂも交えての素晴らしきカレー論

さらには、なんとなく好きだったしりあがり寿さんの謎を解く話。
【多摩美的なるもの】
「わざとらしさ」や「笑わせてやろうという見え透いたいやらしさ」がまったくない。
「でたらめなことを口にすることの純粋な喜び」である。
「よろこび」である。

多摩美的なるものの正体。
【無理をしない爆発】
わたしは普通の人とは違いますよ~の主張まるだしではない。
得体がしれないもの。



最後に、不景気大国ニッポンをどこまでも落として救う話
【気にならない力=貧乏力】
パンツを穿かない僕。
道に落ちたものを平気で食べる僕。
路上に平気で腰をおろす僕。

僕の貧乏力はデラックスになりうる。




宮沢章夫…ラジカル・ガジベリビンバ・システムの座付き作家。
現在は劇団『遊園地再生事業団』の劇作家・演出家


ラジカル・ガジベリビンバ・システム…宮沢章夫、竹中直人、いとうせいこうらにより結成された。
シティボーイズ、中村有志、住田隆、西田康人(現・緋田康人)、ふせえり(住田と西田はRGS活動終了後にビシバシステムを結成。西田脱退と入れ替わりにふせが参加)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
月別アーカイブ