芸人ガロインのブログ。

映画「SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。~」

矢野顕子さんの映画だけど、観ながら僕は島崎智子さんのことばかり考えてた。




今年はほぼワンマンライブのみ。
島崎さんのライブ1回につき3000円+1ドリンクオーダーなので3500円くらい

まぁ、僕の金銭感覚から言ったら死ぬ程高いです。
けど、月一回3500円×12で、
1年で島崎さんに42000円払うと思うと、それくらい全然出すよって気にもなる。

と、少し話それるけど、お酒飲まない僕はライブハウスでだいたい水に500円払ってるわけだけど、とても精神が削られます。
ライブ観る前に精神削られたくない。
この時期はせめて、温かい飲み物があると嬉しい
ココアがあると嬉しい
ペットボトルの飲み物が水以外にももう少しあると嬉しい
ソフトドリンクは300円のとこだと嬉しい
どれ頼んでも500円なら、ドリンク込み3500円って表記の方が嬉しい。


その話は置いといて、
昨日の島崎さんのライブ行ってきた。
新高円寺STAX FRED
ピアノの位置の関係で、横向きの島崎さんを見ることが多いのだけど、ここでは正面向いて歌う島崎さんが見れた。

いつもは、何を歌うか決めずに舞台に立ち、その場でやりたい曲を歌っていく島崎さん。
この日はお客さんのクジ引きやリクエストで出た曲を歌ってみるという試み。
案の定、途中で破綻したけど、
向き合う姿勢、挑む姿、その闘い方に
島崎智子さんに熱くなる。
そんな人の歌だからなぁ


ピアノ弾きと言えば、
先日久しぶりに鈴木凛子のライブも観てきた。
とてもよかった。
けど、どうしてももっと歌詞を聴きとりたいと僕なんかは思ってしまう。


ピアノが愛した女は、やっぱりピアノを愛したのかな。
ピアノが愛した女もいいけど、
ピアノを愛した女を、ピアノが愛さなかったとしても、同じだけいいからね。


あ!あと驚いたのが、島崎さんの口から斎藤一人さんの名前が出たこと。
最近、斎藤さんの本を読んで「私は愛と光と忍耐です」を1日100回言ってるんだって。
いや懐かしい
ついてるついてる
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
月別アーカイブ