芸人ガロインのブログ。

桜が咲く前の話

今日は浦沢直樹展~岡本太郎美術館~森山大道写真展へ行ってきた。
退屈を紛らわす程度のことだけど、
50kmくらい自転車こいで、優先順位を並べかえた。

僕のレテパシーズのライブ観て感動しても、島崎智子さんやぐっとクルーに感動しても、
自分のことを
自分で歌わないと
退屈でしかたがない

早く全部卒業してしまいたい。
家の本を全部捨ててしまえたら、僕は何になるのでしょうか。
結局は、損得さえ考えなければ、いつでも捨てられる気はしてる。

岡本太郎も銀杏BOYZも大森靖子ももう必要ないんだけど、
恩は返したい。
過去の芸人にも恩は返したい。

愛地獄は見ないかもね。


R-1でハリウッドザコシショウが優勝して、ちょっと嬉しい気もしたけど、
やっぱ遅すぎるし、
妄想の中では、いつも自分が優勝してる。
それは、このレースに僕しか参加してないからってだけで、
僕の方がシショウより面白いとかではないんだけど。
僕しか参加できないレースがあるってことが重要なのねん。

今日はやったなって時はいつだって、面白いつまらんの次元じゃないってことにつきる。
今の僕のライバルは、寺岡さんとか、落合とか、相方。

ファッションでいうと、僕は明らかに無頓着で、良いなと思う。
何も知らないから。
全部知ってから全部忘れても、きっと簡単なこと。

原動力は少なくていいから、
やっぱり大切なものはひとつだけって言いたい。

一挙手一投足に心を込めて。
何を言ってるかはもういいから、
何を感じるかだけを聴いて過ごす。

心だけはずっと若いままでいたいから、
嘘をつくと、心が老いていくから、


3.13奈良の生駒へ行った。
のどかって言葉が似合う土地。
心が洗われるし、現れたとも書きたい。

阪奈道路の坂道。
初めて行く道だから、永遠に続く上り坂のようで、本当に苦しかった。
下り坂になった時の開けた感ったらないです。
頂上からノーブレーキで250秒ずっと下ってました。
どんなジェットコースターより気持ち良いです。
その時思ったことがすべて。

グーグルマップとか、教科書とか、新聞とか、台本とか、
参考にはするけど、大事なことは書かれてない。

3.14大阪の果てで1日過ごして、
こんな毎日が永遠に続くことを願いました。

ここに何が書かれているかもたいしたことじゃない。
超個人的なことが一番普遍的なことに化けて。
私的なことが詩的なことに。

いま思ってることがすべて
何を感じたかだけを読めばいい。


あなただけに
また会いましょう
アイラブユー








追記
もぎたてライブ後

僕もテイメントはするつもり

あの優しい人が、裏で酷いこともしてたって、
この人が、醜いことと美しいことを同時にしてたって、
僕は驚かないだろう

自分のものさしで自分以外の人をはかることだけはしない

ただ一人一人のものさしを眺めるだけ

いちばん遠回りな道でいこう
スポンサーサイト

素敵な誤解

1月23日に書きかけてたやつ

今日は自転車で埼玉 東松山へ
目的は自転車を漕ぐこと。
行き先はついで。
でも、そのついでが魅力的で、そりゃ楽しくなるよね。
素敵なおじさんが待ってる
新鮮野菜のビュッフェが待ってる
どうなっちゃうんだろ

自転車漕ぐのもライブ
ライブを見るのもライブ
ライブを主催するのもライブ
雪かきするおじさんもライブ
八百屋でカボチャ買うおばさんもライブ
ライブをするだけがライブじゃない
ライブに出ても、ライブしてないときもある。

今日の自転車ライブは最高でした。まだ途中だけど。

あんたの言う幸せが僕の靴を踏んづけてるよ
って、友部正人が歌ってる

先日の島崎智子さんのライブ
MCでいろいろ話してた。
独学でやってきたピアノ
自宅に15年ローンで立派なピアノを買って、もっと上手くならなきゃと欲が出て、ピアノの体験レッスンへ行ってきたと。
僕は、えー!そのままで良いよ、そのままが良いよと思った。
したら、島崎さんも、そのままでいいのにって、いつもの心の葛藤劇場を1人で演じだし、結局、結末は次回のレッスンも予約したけど、やっぱりキャンセルしたったってオチで嬉しかった。
そして、その流れでつばめを静かに歌ってた。とてもよかった。

みらくるブローチは、身に付けてると奇跡を起こすわけじゃなく、奇跡に気づくようになるブローチだそうです。素敵。

気づけば、いまも目の前で奇跡が起こってるね。


つげ忠男展でみたリメイク作品
正直リメイク前の方が全然よかった。
本人もリメイクにあたり心境を書いてた。昔の絵の情感ばっちりだったとか今の技術とか。
たしかに上手くなってたし、わかりやすくなってた。
けど、その代償に何かが失われている。

書きかけはここまで。

さて、2月は、ツイートしてたし、ここに書くことは、、
もうないかな。

道で偶然、島崎さんとすれ違って、ときめいたくらいか。

そろそろ結婚でもしようか、
年をとろう、
人と話そう、
暮らしの中で答えを、
自分の手で、
そう、1.23サカナジュークボックスさんのライブを観に行って、平井さんのソロもよかったけど、前座で出たうつぼコサックさんのソロもよかった。
埼玉から自転車こいで帰ってきた僕はどうなったっけ
覚えてるのは感覚だけ


僕自身はスキーバスに乗って死んでしまっても、誰にも文句はないし、自分のせいだとしか思えないだろう。
誰も知らない方法で幸せになることも、
誰も知らない方法で不幸になることも、大差はない。
誰も知らない僕だけの方法であれば。

合ってる合ってないは問題じゃないから、とにかく言い切れ
信じろ
その先にしか道はない


先日は伊藤と荒波くんと家で焼き肉して、僕の普通がどんどん普通じゃなくなる。たぶん僕だけ面白かった。
コンロないから、キッチンで焼いたの運んで来て、
エアコンは途中で止まって、
DVDプレーヤーは数分ごとに数秒止まって、荒波くんもイライラ
伊藤は野菜ジュースを2本飲んで、花粉症だか、風邪だかで、ティッシュを使い切って、金額にしたらたいしたことじゃないのはわかるけど、僕の日々の節約を一気にチャラにされて、この無常に笑う
正直に言えば絶望したと言ってもいい、こんな些細なことで絶望できるのは何故かというと、それは伊藤だからでしょう。
簡単に言うと、伊藤は悪魔なのです。
ははは。
なんて純粋な悪魔。
けけけ。

誰かとは違う言い方だけど、同じ事を指してる

事実が100なら、100を届けるために120で出さないといけないのだけど。
それをわかってて、100のままで出して80で届くのと、
120にしてだすのと、
どっちが嘘か。
理解と誤解が大差ないなら結果はどうでもいいのか
100のままで出して、100で届く距離まで頑張るのか
100になりゃなんでもいいのか、
やり方はいくらでもあるけど、50×2で100を届けて満足か
結果より過程を見せたいんじゃないのか
ダイレクトにシンプルに
美しい数式を
自分なりの方法を見つけないといけない

友部正人が歌う
愛は僕のとっておきの色

過去になったらまたいろいろ言えるだろ

僕の大切だった18年もいつでもあっさりと無駄になればいい


合わせにいってもしょーがないから、
作りましょう

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
月別アーカイブ