芸人ガロインのブログ。

説得力の源に

いろいろ思うことあるけど、楽しみましょうって。

舞台に立ち続ける限りはいつかひっくり返せるって。

「最高の夏にしようぜ」って決められた言葉も言う人が言えば輝いて。

それぞれの言い方、雰囲気、説得力で僕の心を震わせる。

本当に楽しんでる人には、
手も足も口も出ない。
自分もああなりたい。
ああはなりたくない。

エムワン。
合格でも不合格でもどっちでもよくて、ただ楽しみにしてた。
イビツな出来の漫才
受け方も滑り方も相変わらずイビツ
漫才後。
納得の出来ではなかったので、ネタ前とは違う感じで合格でも不合格でもいいやって感じ。

誕生日にもらった本
『勝手に生きろ!』ブコウスキー
を読みながら結果待ち。

したら、誰よりも早くランジャタイが電話で結果を教えてくれた。
そんで、ちょー喜んでくれてるし。
浜村さんもお祝いメールくれて。
笑っちゃうよ。

伊藤はM-1一回戦の前から決勝で闘おうって、ずっとまっすぐ言ってくるし。
笑っちゃうけど、実現させんと退屈でしゃーないよね。

どーせ行くんだから今年でもいいか。もう40歳のつもりで。
ランジャタイは今年か来年には行くだろうし。

合格しようが不合格だろうが、納得の出来かどうかが最重要なのは変わりないけど、こんだけ周りが喜んでくれるなら、ラッキーを味方につける作業もがんばろーかと。

見えないものや、聞こえない声ももっと感じたいし。

説得力のある言葉より、説得力のある立ち姿がほしい。

逃亡くそタわけのメンバーは4人ともそんな佇まいだった。
僕のレテパシーズは、この日のライブ楽しそうっていうか、ちょーハッピーだった。
8月22日土曜日。
ハローグッバイファックユーがいつもと全然違う歌に聴こえた。


一回戦合格言われても、そんな嬉しくなかったけど、喜んでくれる人がいて嬉しくなってきた。
二回戦で漫才できるのも嬉しいし。

そこに向けてってことはないけど、結局、日々目の前のことやるだけ。

日々ロック最高の漫画だよね。
映画は全然だったけど。
日々沼が僕のレテパシーズの大志くんだったらとか、甲本ヒロトだったらとか、峯田だったらとか…

ピースオブケイクの峯田サイコー
っていうか、峯田くんは何やってもサイコー…
てわけでもなくて、田口トモロヲ監督との峯田はサイコー
相性バッチリ!
誰とでも相性バッチリじゃなくていいから、ただ一人との相性だけバッチリにできたらいいよな。
大事なもの以外は全て透明に透明に

阿佐ヶ谷ロフトのピースオブケイクの試写会、外れたのに観れたラッキーも、一回戦合格のラッキーも、結局自分で作ったラッキーだから。
二回戦も三回戦もラッキー通過でおっけーです。

27日の僕のレテパシーズのライブと、五月リョウタのライブ行かずに、やらなきゃいけないことをした甲斐もあったなと、自分をほめる。


昨日の高円寺の阿波踊りで、
僕のレテパシーズ大志くんに偶然会った時のスミスと、沼袋の盆踊りを踊るスミスよかったな~
ランジャタイいいコンビだ。



シャイニングスターズひろたさんの、おじさんおばさんとの軽すぎる会話も笑ったー。
僕のレテパシーズのことまだ全然知らないのに、凄い熱量で一喜一憂し、写真をお願いする姿、サイコーでした。


今日も雨やんで阿波踊り無事開催されるといいな。
青い空と白い雲
天才伝説 横山やすし
百年前の日本
ブルーハーツ
芸人生活
エゴンシーレ
フトンの詩
ツービート
みたらし団子
サヴァ缶


貰ったものと言葉で
今日もお腹いっぱい


ラッキーも、偶然も、奇跡も、
想いのままに。




信じられないことが 起こってしまうのは
世界中 誰も 信じられなかったから♪

キスまでいける/ザ・クロマニヨンズ

スポンサーサイト

この道の最先端にて

実はこの夏僕も死んだ。
ふふふ。



事務所ライブとキングコング西野さんとこの個展で漫才。
場所に寄って、僕のやるべきことも代わってくる。
次はM-1での漫才。
めっちゃ楽しみ。
2分でどこまでできるかね。

今日も2人にしかわからない会話で盛り上がって、
早く人間になりたい。
餓鬼や畜生や修羅たちの雑音。

人非人にはなりたくないけど、非人はいいよ。
非人と呼ばれてる人こそ人間かもね。

脱出だーって、キャビアとキャピタリズムに辿り着いたけど、どこへ行くんだろ。

普通に考えたら、バックボーンを丁寧に一から共有しなきゃ笑えないんだけど、
なんか歴史を時空を飛び越えて、一気にドカンと行けそうな気がしてずっとドキドキワクワクしてる。

友部正人もアズミも、まだ生きてるんだよね。
ライブ観に行かなきゃ。

近所で盆踊りしてて、ふらっと行ってきた。
不思議な空気に包まれてて、とっても呑気になれるんです。


歌舞伎かってくらいダイナミックな動きで踊ってる人がいたんだけど、その風貌や異質さから明らかに周りから変人扱いされてて、僕も好奇の目で見てて、踊りに感動したいのに、変な人のって余計なフィルター越しにしか踊りを見れなかったような気分。
本当に元気や勇気を貰える踊り。
登場も立ち去り方もサイコーだったよ。

今日も
僕のレテパシーズ
精神障害者は天使、ちほう老人は神様が流れる

その目を鏡で見せてやりたい。

22日~24日も沼袋の方の公園で盆踊りあるみたい。
こっちは新井薬師の盆踊りと近い空気になりそーだ。
ネットで検索しても出てこないよーな近所の盆踊りがまだあって助かったよ。

お手軽に反抗して、なにか効率の悪いことばかりしてる。
ガラクタを集めて愉快な宝探し。


浜浜さんの単独ライブももうどーでもよくなってきたころだけど、
やっぱり思い出すのはもどかしさ。
もっと面白かったんだよって、勝手にもどかしがってた。
浜浜さんにすぐにいろいろ言いたかったけど、事務所の打ち上げに行くとのことで、ランジャタイといろいろ話してやり過ごせた。
かわら長介さんにはどう見えたかな。
凄いネタ、面白いネタ、ウケるネタ、売れるネタ…
そんな区別はないけれど、僕は凄いネタが見たかった。
もう売れてもらうしかないよな。

僕はこの夏 浜口浜村を殺したか。
ふふふ。

不完全なネタの余白に絵を描きながら楽しんでた。
完成品のネタは余白がなくて、未完成にみえた。

全芸人がおのおのの道の最先端に立っていた。
雑音は聞こえない。
後ろには列ができたりできなかったり。

お客さんが最先端に立っている道がある。
芸人の列が出来ている。

教育が一番大事だって誰かが言ってた。
魂を見せつけるのに最も適した表現方法はパンクロックだと誰かが言ってた。

もうずーっと言ってるけど、浜口浜村は今までに作ったネタだけで十分だから、売れてサイコーなネタたくさんしてくれたらいーな。
ただ、ネタも悲しいかな死んでいくよね。
浜口浜村のネタは寿命長そうだから大丈夫かな。
過去のネタを今のネタに成長させるのも得意そうだし。

根拠のない自信まだまだ余裕であるから、着実に年をとろう。

誕生日の恩は、次の相手の誕生日に返すより、次会った時に返した方がいいと思った。




新しいバイト先の飲み会があって、これが世間か!って思った。
エグザイルとか、三代目ジェーソウルブラザーズ?とか、AKBとか、クマムシのあったかいんだからとか、本当にこーゆう流行りのやつで盛り上がってる人達、ここにいた。
この人達が流行の行列に並んでるのか。


さらに五年後
40歳のころの自分とか楽しみだな~


退屈を過ごす

主な出来事
無善寺2015年ラスト
中野Vスタジオで久しぶりにライブ
刃牙道を立ち読み
岡本太郎美術館 なんだこれは!展
阿佐ヶ谷七夕祭り
レイチェルの結婚(DVD)
ドライヴ(DVD)
古宮夏希 クークーバード
別役実 座・高円寺


水木しげるは、あの激動の人生を経て、怠け者になりなさいと言った。
僕はこれで(こんなので)、努力したら終わりだ言ってるんだからね。
なめんなよ

こいつに優しくできたら、無敵みたいな奴がいるんだけど。(結構たくさん)
人生を修行みたいにはしないでよ。

どんな時でも笑う修行じゃなくて、
どんな時でも笑う遊び。

あのとき怒らず、笑ってたらってさ

人に優しくすることだけが優しさじゃないとか
好きな人や優しい人に優しくできるのは当たり前で、
嫌いな人やイラつく人に優しくできるかどうかとか
言ってたよね。

34歳は優しさだった。
35歳は退屈になりそう。

友部正人 退屈は素敵

峯田和伸 恋と退屈

みうらじゅん 暇人詩集

刃牙道のあくび

何をしても退屈だ。
何もしない方が退屈じゃない。

僕の優しさは遊びになった
僕の退屈はどーなるのかな
活力や原動力になるのかな。

反面教師しかいない。
それか、友達。

僕のブログ読んでる人は、
だいたい友達。
友達じゃないのに読んでる人は、
だいたい未来の友達。

一年前も五年前も、
昨日は言い過ぎだけど、一ヶ月前も
全部、遠い昔

一年前のブログを読んだ
五年前に買ってもらったカバンのチャックが壊れたよ。
八年前に買ってもらった洒落た帽子はまだかぶれないまま。
目を合わせられなくなったら終わりです

岡本太郎美術館
なんだこれは!展に
なんだこれは!がない
なんてこった!

全部繋がってるから
もうすぐ一緒に全部ひっくり返る。
やけくそでひっくり返すんじゃなくて、冷静にひっくり返す。

東大生より勉強して、高校球児より練習して、水木しげるより怠けましょ。


ギターの音だけで、ピアノの音だけで、奏者の性格を言い当ててしまうその感性やべーね。

レイチェルの結婚みたいな漫才
ドライヴみたいなロックンロール
火花のページを破いて火花を起こす遊び
初期の清志郎の眼がやりまくる

見たことない踊り
出したことない声
誰も見たことない怒り方で
誰も行かないところへ

ライブ体験
鳥肌と涙でコミニケーション


スキーを足からはずす音 そういう事は覚えてる♪
あの時なんて言ったかなんて 覚えてく事じゃない♪
子供の頃のような夜 やって来ただけさ♪
ナイーブなのさ 古宮大志


退屈なら、
自分を顧みないでやろう
退屈なら、
誰かの事を想ってやろう

そこに自分はないだろう
そこに笑いはないだろう
そこには感動があって、
感動があればきっと笑える。


わぁ、ただいま井之頭公園
昨日も昔になっちゃった!

また今ここからスタート
僕は誰を想って何をするのでしょう

言い訳のきかない誰にでもできる遊びの中で、
自分を忘れてしまったように


あしたは浜口浜村の単独ライブ
日曜は事務所ライブと、
キングコング西野さんの個展内でライブ
28日M-1グランプリ2015

9月22日は、秋田ハイコーフェスへ

退屈に感謝
カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
月別アーカイブ