芸人ガロインのブログ。

大森靖子インストアライブ@渋谷タワレコ

大森靖子さんは
まっすぐで、とてもわかりやすい。
あまちゃんの話もあんな風にしちゃって。
明らかに使命が見える。
使命があるかないかだと思う。
オレがやるしかないだろっていう。

今日もまたちょいと違う歌い方してた。
今日は大森さんの歌ってる姿が全然見えなくて、やっぱ見えた方がいいなと思った。

ロッキンオンのマキシマム ザ ホルモンのインタビューも面白かった。
の子のソロアルバムのライブ映像もよかった。

みんなわかりやすく芯が通ってるから、自分のスカスカ感に参るわけだけど。
ちょっと見方を変えると凄いことになるんだよな。


大森靖子×戸川純の時に聴いた
ゲリラ豪雨のやつまた聴きたいな~。
ランジャタイ伊藤とアメンボさんと3人で観たんだよな。
おかしいなー。可笑しい。
PINKのアカペラもえかったね。


インストアライブは店内のざわつきと大森さんの歌が合わさって、とても好き。
写真なんもねーや
スポンサーサイト

THE 君に話すよワンマン

君に話すよワンマン。
解散ライブ。


新宿JAM 12:30開演
13時ごろ着。オープニングアクトの地球コーラが最後の曲を歌ってた。
歌い終わって、ズボン下ろしてフルチン姿。
若い女の子多かったけど、全然okなリアクション。
ライブハウスだし、みんな友達みたいな空気だし。いいね。

君に話すよの一曲目は
ブルーハーツの終わらない歌
そーきたか!
最初っから全開で、本当2曲でほとんど出し切っちゃったんじゃないかってくらい。
前半ラスト『素晴らしすぎたオナニー』はやっぱ最高で。この曲は結局CD化されてないのかな。ipodに入れたかったー。

片野くんの弾き語り
過去の好きな人への歌。
個人的に京子ちゃ~んって感じ。
おさげおさげ

再びバンドで。
前回初めてみた時は、ボーカルとドラムにたくさん目がいったけど、今回はベースの子がとってもよかった。あんな子だったっけ。良い顔してた。

客席も含め全体的に爽やかだったな~。
片野くんが空気つくるよね。お客さんもあーなるよね。
ゆうたくんが最後ドラムセットなぎ倒して、全然いつも通りじゃなかったね。知らないけど。そりゃそーだ。
でも、心はわかる気がするし、誤解されても関係ないし。いい。
僕も下駄の女の子に誤解されたなー。ドリンクチケットあげただけだけど、接触の仕方が下手すぎて、我ながら笑えた。
片野くんがかっこいいから、僕まで調子に乗っちゃったよ。

かっこつけるのだけは本当辞めてほしー。はい、すみません。

しかし、下駄の似合う可愛い女の子なんてなかなかいないよね。


時間ないからすぐ帰ってきちゃったけど、割り込んででもみんなに一声くらいかけてこればよかったなー。
バンドメンバーそれぞれの今日が素敵な思い出になってくといーな。

ていくいっといーじー

岡本太郎美術館 太郎と遊ぼう

久しぶりの岡本太郎美術館。
と言っても2ヶ月ぶりくらいか。
新しい常設展
『太郎と遊ぼう』


改めて
【夜】がかっこよかった。


あと【遭遇】を描いてる時の、岡本太郎の顔と早送りみたいな動きに痺れた。


太郎の母、岡本かの子は仏教研究家でもあったそうな。
太郎は自分で新しい宗教を作っちゃえばいいみたいなことも。

太郎はスキーを評して
「意味のない板っぺら二枚にかける。…あの孤独の中の言いようのない 肉体的戦慄 それが魅力だ。」
みたいな表現するから、凄くて笑っちゃう。

太郎が撮った沖縄の写真の中のタバコをふかす婆さんも笑えた。
なんか剥き出しな感じで。

そーいえば、ロビーの展示も変わってた。
僕の好きな【若い夢】



さて、時間あるし、金曜日だし、週末しかやってない
中村正義の美術館へ来ました。

美術館の手前にある公園でひと休み。
下に看板があって、階段を登ったら、水飲み場とベンチ2つだけ。


かと思いきや、さらに階段登ると、狭い中に遊具のつまった公園。


ひと気ないし 暑いし シャツ脱いで 途中で買った弁当食べる。

そよ風が汗をひんやりさせてとても気持ちいい。
ブランコ揺らすと気持ちいい。
ブランコのクサリがひんやり気持ちいい。

なんて、くつろいでたら、隣接する家の窓のカーテンが、シャャーッッ!!と勢いよく閉まりました。
上半身裸でブランコこいでた僕はどう映ったのでしょー

中村正義の美術館行ってきまーす!

逃げろ

10:37
だからさ、走り書きたいわけだけど、スマホでピコピコしててもノリが悪いんだよね。

前までブログを書くようTwitterで呟いてたから、それは辞めてTwitterは なう な事だけにしたんだけど。
ブログも なう なスピードで走り書きたいんです。

時間に追われるのは嫌いだけど、ブログを書く時は時間に追われて書くくらいがちょうどいい。
要は意味や意図から逃れたいわけです。

岡本太郎美術館向かう途中で桜上水の踏切に捕まって、15分くらいそこにいて、この時間をいかに楽しもうかなんて考えて音楽を聴いてみたわけだけど、踏切が開くのを待つ為に聴いてるから全然ダメでした。
周りの人がみんな、早く開けよとおそらく思ってた中、子供だけが、ずっと楽しそうだった。
電車が好きなんだろうな。

せっかくだから周り道して、114号へ。仙川駅の前を初めて通った。久我山駅みたいだった。
仙川は女子高生とミニストップの街だ。

狛江ゴルフクラブはバッティングセンターくらいの狭さだった。

10:46
たったこれだけでも10分かかちゃうんだから、嫌になっちゃうぜ

9月7日~9日 京都~大阪

7日9:00
新宿駅から高速バス

17:45
京都駅に到着
雨よけの帽子車内に忘れてきたな。

18:10
山崎駅に到着
大山崎駅でレンタルサイクル
道中、映画村じゃないけど、京都の民家が並んでる風景。

19:10
井上宅
バイト先の仲良しさんの実家が京都にあり、泊めてくれた。
バイト先の仲良しさんは東京にいるので、初対面のご両親と3人というなかなか可笑しな空間。
着いたら、お風呂もご飯も用意されてて、至れり尽くせり。
あー、可笑しい。素敵。胸が躍る。
自分の家かってくらい、くつろげた。家のグレードも僕の実家より3段階くらい高くて。ご夫婦も仲良しで。一家団欒て感じだ。
お好み焼き、焼きそば、食べながら、テレビ見ながら、オリンピックがどーとか。娘の(37歳)将来が心配だとか。僕の家の両親も心配してると思うよとか。

バイト先の仲良しさんはこんな壺を作ったり、壺教室を開いたりしてます。


8日7:00
おはようございます。
トースト、サラダ、ヨーグルト、フルーツ。
オリンピック東京に決まったね。って。

10:40
出発。
自転車で大阪へ向かう僕を気遣って、お母さんが手作りの飴ちゃんくれた。

おはようございます。の時は雨降ってたけど、見事に止んでた。
昨日も結局、雨が降り出す前に着いたし。
実は僕 晴れ男でして。
あまり大きな声で言うと、魔法がきれちゃうから、内緒なの。

自転車で大阪を目指しながら、枚方パーク~埴輪~サン・チャイルド~太陽の塔~大阪城
など。




17:15
道頓堀ZAZA
@galoin: 煌オーディション予選。バンドの一人コントしてた ばばつばさ が面白かった。ピクル内畑は戦士ティブマイハートみたいので、一番印象に残ってる。合格したのは、いかれたキャラ演じてた ば~まん♪だけ。

吉本に所属するため?の一番下のライブ。やっぱ若い女の子が中心のお客さん。名古屋吉本のライブを少し思い出した。
ばばつばさ のことは寺岡さんもモリタさんも知ってた。


油野美術館への道中
茜色の空


18:45
油野美術館

★山が動くソロライブ7★
『イスラエルと、ひまわりの種』
の中で
『井上康生』
ってネタライブをしてた。

ライブの冒頭、10分で終わったら怒りますよね?とお客さんに。
伝説にしてくれますか?とも。
ライブ内容にも寄るけど、怒るか、伝説になるか、受けての解釈次第だよね~。寺岡さんなら、本当に10分で終わるかもしれんな~。と、少しドキドキした。

客入れの音は、羽生善治と吉増剛造が対談してるやつで、狂気とかシジフォス(ギリシャ神話)について喋ってた。たしかNHKで観た気が。
開場時間に来て、始めから聴きたかったな。

ライブの内容はまぁ置いといて、あの空間の心地よさは何ですか。
寺岡さんとお客さんの関係は何ですか。
家族かと思った。見守られてるな~と。お客さんがマリア様に見えた。感動です。
みんな感動しに来てるんじゃないかと思った。
想像、妄想が膨らむライブでした。
答え合わせのいらないライブ。
素敵なライブ。


路上でもあんな空間作ってるのかなー。寺岡さんはどんな環境でもやっちゃうんだろうな。
強いなー。
脆い弱い強い。

ライブ後にご飯食べながら2人でいろいろ話した。
嬉しかった。照れ臭かった。
やっぱ真面目だよね。だから浮いてんだよ。浮世離れ。
ガロインは二人ともオカシイですよね。みたいなこと言われちゃった。ははは。
ウーマンラッシュアワーの村本さんのピンネタが面白い言ってた。

寺岡さんは かわら長介の塾生から始めたんだね。ななまがりも、そこの後輩とか。
大阪26期扱いだそう。天竺鼠と同期。
ちなみに、うちは名古屋19期で、大阪で言うと27期。

23:00
なんば駅。
寺岡さんと別れて、再び自転車でぶらぶら。

全然、車がいない。
広い道路に僕ひとり。
海沿いの倉庫はドキドキ怖かった。
ひまわり見つけて
寺岡さんからメールきて
幸せしてたら…。
忘れ物(手帳)に気づいて、絶望。
ネットで調べたオールナイトの銭湯(薬師の湯)閉店してて、また絶望。

翌朝、昼間に寄った餃子の王将に電話したら、着払いで東京に送ってくれるそうで、幸せ。
この落差。
結局こーなる。

ズームインして、ズームアウトして、どこにピント合わすかっていう。

気づいたら、あまちゃんの『地元に帰ろう』を
ずっと口ずさんでた。
寺岡さんと地元さんの話をしたから。

地元へ帰ろう、地元で会おう♪

大阪の海~天保山~尼崎~
ガストで休憩~薬師の湯跡地~
山崎駅

目的はないけど、テンション上がる目的地は欲しくて、
海とか、天保山とか、ダウンダウン生誕の地 尼崎とか行ってきた。
ガガガSP生誕の地 神戸も行きたかったけど、遠かった。

尼崎から山崎まで自転車で2時間半くらいのとこ、5時間くらいかけて、のろのろと。見事に心の速度が反映されてますね。
京都~大阪 楽しかった。





行きのバス
9/7土曜昼 ウィラー リラックス 5700円
帰りのバス
9/9月曜昼 キラキラ 5300円

阪急レンタルサイクル
一日300円×2=600円


帰りのバスでは、
道頓堀で寺岡さんと入るお店探してる時に、見つめた娘のこと思い出してた。
だいたい視線外されるんだけど、たまに見つめ返してくる人がいて、彼女はだいぶ見つめ返した後に、何かハッとした表情を浮かべたんです。
僕はそれ見て笑い去ったんだけど、なんでハッとしたか聞いてみればよかったな。
見つめられて、笑い去られて、怖かったかな。面白かったかな。



◎主催ライブ
関西から 山が動く 寺岡さんをお迎えして。
9月22日(日)
『サマーオブLOVE寺岡』
【開場】14:15
【開演】14:30
【料金】700円
【会場】中野Vスタジオ
【出演者】
山が動く 寺岡
ガロイン
テレパシーまさき
古田マン(ペケオーペケ)


日常に風穴を開ける体験を
ぜひ!

大山と高尾山の登山記録

◎8月7日水曜はバイト先の友達と大山へ。
早朝におにぎり作って、おやつも持って、クロックス履いて。
頂上でおにぎり食べて、しゃぼん玉して。



出発9:30くらいで、
電車で1時間くらいで、伊勢原駅
バスで30分くらいで、山のふもと
行きは男坂を使って、頂上まで3時間くらいかな。
頂上で1時間くらい。
降りる時は女坂を使って、ケーブルカーも乗ってみて、2時間くらいかな。
ふもとの売店で、仮面を買った。
全く商売っけのないおじさんで、それがまたよかった。


一緒に行った子は可愛い元気な女の子で、全く遠慮のないスピードで、登山できた。
途中で水を汲める場所あり。

自然の中でおしゃべりするのと、カフェでするおしゃべりとでは、全然違くて。
やっぱり僕は外で、開けたとこで、喋る方が好き。
青空の下か、曇り空の下か、星空の下か。
デタラメしか浮かばない場所で。
ゆっくりと。

まだ、もののけ姫見てないや。

帰りの電車、座れなくて、うとうとしてて、アウターゾーンの中にいた。
19時ごろ帰宅。





◎8月12日月曜はコロポックルさんと夜勤明けに高尾山へ。
高尾山は雪駄でも大丈夫なくらいだったけど、やっぱクロックスの方がよかった。


7:30くらいに高円寺出て
電車で1時間くらい。
6号で登って、1号で降りた。
コロポックルさんのペースでゆっくりと。
大山より人がたくさんいて、自然の中ってより、高尾山って部屋の中でした。
部屋の鍵がたくさんあって、なかなか開かなくて、
その分コロポックルさんの作ってくれたおにぎりがナイスだった。


下山したら、駅前のレストランにある足湯へ。
アイスも食べた。
登山の後に、足湯とアイス。
これはいいです。

大山では、クロックスのまま滝の水に浸かったんだった。
あれもよかった。

どちらもTシャツ一枚で大丈夫でした。

こちらも、下山後にのんびりして19時ごろ帰宅。


大山に突如現れた奈良県

かのじょーず、アサダマオ

8月3日
かのじょーずのワンマン
【独壇場】

相方と観に行った。
ワンマンなのに浮いてんじゃねーかってくらい。
よしたろうの一匹狼感たるや。
どこにも属せそうにないバンド。
茨の道ですね。

『対世界そんぐ』は、やっぱ特別な歌だった。アンコールのラストに歌ってた。
『東京パンク』と『WMW』
僕にとってはどちらも新曲で、やっぱライブハウスで新曲聴くのって格別。なにか際立つ。
しかも、聴いてる途中で好きになったらもう、なんかでちゃう。


8月13日
アサダマオの復活ライブ
小説家になるため、ライブ活動を休止してたとか。
ブログのイメージとは全然違った。良い感じに陽気すぎない関西人だった。
ちょっと暗い人の方が好きなんで。ペラペラ喋ってくれる人は楽でいーけどね。

久しぶりのライブだそうで、1.2曲目は本当緊張が伝わってきた。
3曲目の『江戸川乱歩』がめっちゃよくて、お馴染みの曲なのか雰囲気もがらっと変わった。

三島由紀夫、宗教、江戸川乱歩、バロウズ、アンドリュー、ヘミングウェイ
演じ続ける、21:30えびかに、時間を食べる、可愛いお尻、オンジアース、ダンス
せんいちや、時間の中で目的をもたないのが私たち、3942、運命革命の朝、
ビールの涙、ロッキー犬、朝焼マンション、1024

幸せな色に染まるこころ
笑われるために生まれたわけじゃないけど、
笑われないように生きるのも違う
笑われてもいーよ

もはや何のメモか覚えてない。

音楽と小説が直結してて、ダイレクトで、いい。
まだ完成した小説はないのかな。ぜひとも読みたい。
素敵な化学反応がありそう。

心の漫才師

休日の夜。
満島ひかりのドラマに感動して、
仕事ハッケン伝で、鈴木敏夫やるなー思って、
人と人の化学反応っていーなーって。

この前、谷川俊太郎と道端ですれ違って、30秒くらいドキドキしながら自転車ゆっくりこいで、やっぱUターンして、
「風穴をあけろみたいな本好きで…素敵な言葉ありがとうございます…」みたいなこと言って。
「これからも・・・」の後、なんて言おうか迷ってたら、笑ってくれて、お別れした。

これからも、の後、
頑張ってください?
応援してます?
元気でいてほしいです?
長生きして?
年相応に?
いろいろ言葉浮かべたけど、どれもしっくりこなくて。
でも、笑ってくれて、なんか心が伝わったんじゃないかと嬉しかった。

69歳の下北沢のおじさんと最近mixiで友達になって、
家に遊びに行ったら、息子さんがタンメン作ってくれて、その美味しくない感じもまた良くて、嬉しかった。

自分の親父は65歳くらいかな。
親父との化学反応もそろそろおこしたいな。

いろんな人との化学反応を。


今年の8月は長かった。
大山と高尾山に登った。
かのじょーず、アサダマオ、大森靖子のライブ。
ヨガ教室のお勉強。
テレパシーまさきとエントリーライブ出演。
盛りだくさんで面白かった。

ゲレロンはエントリーしといて1分で降りるし、ラブホテル前で解散騒動、

お台場ではシャボン玉して、緊急会談ぐずぐず、ゼロホールでお前とはやっとれん言われて、翌朝電話でお前を笑い殺すだの、俺は自分を取り戻しただの、案の定翌日には魔法解けてたけど、古田マンのライブでは見事に爆発。
8月最後のライブは漫才中にテレパシーまさきを袖から引っ張り出してシメ。
トータル舞台上ではめちゃくちゃスベってるんだけど、めちゃくちゃ面白い日々。

お客さんからしたら迷惑な話だよね。舞台上で面白いもの見せてくれよって。
ただ、あの日の舞台はライブ前にわざわざ誕生日プレゼント持ってきてくれた方のおかげだし、
あの日の舞台は貴方が客席にいてくれたおかげです。
お客さんや友達が僕らにくれるパワーは無限大です。
感謝してます。

面白いネタをやるより、面白いことをする方が大事で、その果てに舞台上でも面白いことができたらいいなって。

面白い漫才より笑える漫才
つまらんくても笑える方
19日のゼロホールのまさきくんなんか最高につまらんくって、最高に笑えた。
言葉よりも行動よりも、心をみたい。

面白い言葉も、面白い行動も、そんな心でされたら、笑えんの。
もう心しか見てないの。

だから心意気をみせたいと思うし、
でも恥ずかしいから、みせたくないし。

心は見えないから、言葉や行動に心を託すんだけど。
意味のない言葉や行動の方が、その心が際立つんじゃないかって。

ウケるウケんじゃない
フリボケツッコミとかじゃない
お笑いじゃない
僕がなりたかった芸人は職業じゃないし、やるとか辞めるとかじゃない。

やっぱり感謝と笑いと愛なんだけど、愛って言葉は解釈が広くて、お前の愛を見せてくれって思う。


かわら長介というおじさんもいて、この人も面白くて。
賞レースの審査をまたやってほしい。

28日のTHE MANZAI 2回戦観てきて、結果みて、いろいろ思った。
芸歴を重ねた漫才、
吉本の行き着く漫才、
ダウンダウンから抜け出した漫才、
ダウンダウンを知らない漫才、
そんで、お客さんの速度。
2013年ですけど、もう止まってるも同然。
なら違う方向に一気にどかんと連れてきたい。

三四郎の漫才の後、千鳥はどんな気持ちだったろうか。
浜口浜村の漫才の後、タイムマシーン3号はどんな気持ちだったろうか。
ハリガネロックも、2丁拳銃も、どんな気持ちで漫才してるんだろうか。

それ考えたら、みんな愛おしくてしょーがないでしょ。


日常アナキズム聴きながら、布団に寝っころがって、
僕はどんな心でこれ書いてんのか。
全部見せれるなら、全部みせたい。
カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
月別アーカイブ