芸人ガロインのブログ。

【さや侍】と【奇跡】

◎さや侍
ネタバレは特にないと思うけど、やっぱ何も知らずに見た方がいいのかな。。
僕は松本人志大好きで、見るまでめちゃくちゃ期待してたし、ワクワクしてたから、そーゆう感じの人はそのままのテンションで行った方がいいと思います。
そんなには期待してないのなら読んでもいいと思います。

では、ちょっと感想を載せます。


松本人志監督3作目
今回もまっちゃんらしい映画で、笑いもちゃんととって、感動もあって、よかったです。

ただ僕はどーしても何か新しい笑いを、衝撃を、まっちゃんには期待してしまうので。
そーゆう意味では1作目の大日本人がやっぱ好きだな~と思う。壊してる感じが。

野見さんにも働くおっさんの笑いを期待してたけど、今回は笑いじゃなくて、いい演技を引き出してました。
それはそれで、とってもよかったです。

それと、野狐禅の竹原ピストルさんが出てて、めちゃくちゃいい役でした。
僕は知り合いに野狐禅のCD借りたばっかで、最近けっこう聴いてたから、余計に感動的でした。

1作目はコントだとか言われてたけど、どんどん映画っぽくなってってるのかな~。
僕はコントでも映画でも面白けりゃいいんだけどね。

一緒に観に行ったTMラバーズの中山くんは、ラストの方PVに見えたとか言ってたし。なるほどね~。

とにかく、松本人志になんの思い入れもない、野見さんのことも知らない、好きな作品が三谷幸喜監督『マジックアワー』とか『バックトゥーザフューチャー』だって言う彼も、面白かった言ってるから、過去2作よりはヒットするんじゃないでしょうか。


あ、さや侍のアイデアについて1993.10の広告批評165号で、まっちゃんがすでに語ってたのもびっくりでした。
松本人志が頭頭を作った時のインタビューで「次は映画撮れって言われたら 刀の出ない時代劇やったろうかと思ってて…」って。

僕はもうすでに次回作をとっても期待しています!



◎奇跡
これは良い映画ですね。
こっちも笑いと感動いっぱいの映画なんだけど、さや侍と全然違いますね。
笑いの取り方も感動のさせ方も、まさに映画って感じ。

はー、こんなに違うのか。
どっちの映画も親子がちょっとテーマになってたりするし。
似てるけど、全然違うなー。
面白いね。

是枝監督は子供の良さをめっちゃ引き出すよね。いろんな役者いたけど、まえだまえだがピッカピカに光ってました。

と、映画の中で、ダウンタウンって言葉がでてきたり、太陽の塔がでてきたり、谷川俊太郎の「生きる」って詩がでてきたり、、
僕の好きなものばっかり出されて、うわっ!てなったよ。

映画のチラシにいろんな人のコメントがあったんだけど、ここでも谷川俊太郎が。
「大人は毎日を生活しているが、子どもは今を生きている…」って。
詩人ですね~。
本当にそんな映画でした。

どんな奇跡を願いましょうかね。



スポンサーサイト

強制しない優しさを

優しさ、強制しないこと、理屈じゃない、行動で、言葉にできない、詩と音楽、気遣いなのか、畏縮か、孤独と向き合う、愛は、許しは、自分で考える、肯定、否定、無条件、白痴、純粋、楽しませる、瞬間を、疑問から、受け身も、逃げも、対決せよ…

わからないことだらけ。


「みんなちがって みんないい」金子みすずさんが言いました。

僕は「みんなちがって みんな最高」言わせてもらいます。

それくらいの心意気じゃなきゃ、否定しそうになっちゃう。

もう無条件で全肯定したいのです。
理想ですけど、バカみたいに全部圧倒的に肯定したいのです。

相手と考えが違っても、否定しない。
相手の考えに合わせるわけではなく。
自分の考えは、ちゃんとぶつける。
自分の考えも、相手の考えも、肯定する。

心の底から相手の考えをも肯定できれば、何かが見えてくる…
相手の考えを肯定した上で話し合えたら、みんな最高になる…

相手の否定を否定しちゃったら、それはやっぱり否定。
否定さえも肯定するのだ。

何でもかんでも肯定だけしてればいいって、簡単そう?
やってみたら大変でした。
自分の常識やらなんやらで、いつの間にか相手の考えを心の中で否定してる。
自分の常識で判断せずに、心の底から肯定したいのです。
その上で自分の考えをちゃんとぶつける。

そんなもんむちゃくちゃ大変だよ…
とっさに否定しちゃったら、それすら肯定しよ。

相手に変わってほしいとか、何かを望むなら、自分が変わればいい。
見方を、解釈を、少し変えるだけでも違ってくると思う。
世界は意外と簡単に、変わって見える。
実際に変わったのか、変わって見えるだけか、、僕にはどーでもいいかな。



チンポムの明日の神話へのイタズラも、内田裕也の住居侵入も、肯定して。

反原発を肯定して、原発推進の考えも肯定して。その上で対決する。
そしたらどうなるかって、

僕は今を楽しく生きるよね。


正しいことは知らないけど
楽しいことは知ってるもんね。

ハイロウズが歌ってたよね、


内田裕也の事件も、チンポムの事件も、ワクワクした。やりやがった!

時間が立つほど、考えるほど、理屈がじゃまする。

衝動に従いやるか、やらんか。



Chim↑Pom展「REAL TIMES」へ行った。
テレビで原発とか放射能のニュースみるより、こっち見てきた方が断然リアル。
遊び心もあって面白かった。
エロキテルに電話して、エリイさんの可愛い声を聞いた。
被災地の人達と直で繋がってきたチンポムは強い。説得力がある。リアル。

岡本太郎の壁画にイタズラ、落書きってニュースでの報道。チンポムって名前。彼らの見た目。それらは表面でしかない。

「もの事の本質は隠されてることが多いが メディアは表面しか見ない」バンクシー



理屈よりも、行動で衝動を掻き立てる。
言われてやるより、気づいてしたい。
いやいやじゃなくて、笑ってやりたい。


僕にはあなたが必要です。
あなたの存在を全力で肯定します。

僕はみんなで一緒に笑いたい。


先は真っ暗。結果は考えてもわからん。
今を過程を笑えたらいい。
理由や理屈は後づけでいい。


やるかやらないか。

僕はずっと種をまいてます。
パッと見、何もしてないようにも見えます。
いまにみてろよと思うのです。

たまにとってもワクワクするんです。
僕は富士山頂に仁王立ちして笑ってる。
みんなは天使のように空を飛んで笑ってる。

みんなで一緒に笑ってる。

家族四人で住んでた時に、なぜだか笑けてきて、何に笑ってるのかわからない自分がさらに笑けてきて、隣の部屋に避難して笑い堪えてる自分が笑けてきて、結局バカみたいに大笑いしてる自分にまた笑ってた。
家族は何を笑っとるだと、疑問を持ちながらもあきれた感じで笑ってた。

狂ってもいいんだよ。

僕がしたいのはこんなことじゃない
ってときもあります。
でも、上へ上へ行きたいから。

結果、下へ下へ進んでたとしても、見方を変えればいいだけだから。

とにかく進むのです。
やるのです。


僕も一億総白痴化とかいってやりたい
ロックンロールは鳴り止まないっとか歌いたい


笑いは魔薬だ中毒だ。

コカインやヘロインの麻薬とちゃうで、

ガロインは魔薬やで、

ガロイン中毒になりなはれ

今のは冗談だからは恥ずかしいけど、
本気なら何やったって恥ずかしくないはず。



原発に対するみんなの反応が、
みんなちがって みんな面白い。

僕が反原発な理由は、
やっぱりうまく言葉にできないけど、

反原発がワクワクするから。


正しさより、優しさや面白さの方がいいなぁ、と僕は思うのです。


言葉で伝わらないことが詩なら伝わったりするのです。
僕の言葉が、文章が、すべて詩であります様に


強制しない優しさを





僕の心に響いた いがらしみきおの言葉。

"やめなければいけないこと"は
"やめさせなければ"ではないこと

http://www.laputa-jp.com/school/igarasi.html

他にも手塚治虫、宮崎駿らが発言してます。

とり・みきのスタンスも、とても信頼できるのです。


神聖かまってちゃんフリーライブ@川崎クラブチッタ

「おまえたちの中にあるロックンロールの衝動はいつ爆発させるんだ!」の子

男の子でも、女の子でもない、の子。


夜勤明けだったけど、早起きできたから、自転車のんびりこいで川崎へ。
一時間半くらいで着いた。いい陽気になってきたね。

多摩川見晴らし公園で休憩。
釣り人のおっちゃんがラジカセで演歌みたいな音楽かけてたから、誰の歌か聞いたら、
おっちゃん「もう50年くらい前の古いやつだからな~……あの~…サンドイッチマン?そうだな!」だって。笑った。
エビの捕り方とか、鯉が釣れるとか、聞いてないことまでいろいろ教えてくれた。
なんか切なくなっちゃうな~

見晴らし公園に自転車おいてクラブチッタまで歩いてくてく。
なぜか阿曽山大噴火さんを目撃。ひょっとして神聖かまってちゃんのライブに来たのかな~って思ってたら、案の定ライブ会場にもいた。
銀河の夜のおざわさんもいた。
こーゆうとこで会うとちょっと好きになっちゃうよね。

会場前にはすでに人がたくさんいて、とりあえず近くのタワレコに避難。
今度はアンチバ増山さんと遭遇。照れる。

mixiで知り合った元芸人ABさんに野狐禅のCDを返して、また借りる。ありがとうございます~。ABさんの友達もいて、また照れる。

会場内でもmixiで知り合った庭師さんと会えた。初対面だけど、プロフィールの写真でわかったらしく、旧知の仲だっけってくらいに手を振ってくれた。照れる。

ありがとうございました。


さて、開演ちょい前に着いた知り合いと合流して中へ。
つってもライブ中は結局一人で、自分で楽しむんだけどね。

お客さん全体的に若くて、女の子多かったな。
かまってちゃん好きは男の方が多いと思うんだけどな~
アクティブにライブ来るのはやっぱ女の子なんだろね。
いろんなタイプ?のお客さんがいて面白かった。

僕はの子側のまぁまぁ前の方で。
最近の舞台衣装、2PACのTシャツをきて。



☆セットリスト☆
いくつになったら
天使じゃ地上じゃちっそく死
映画
白いたまご
美ちなる方へ
怒鳴るゆめ
(Stand by me)
さわやかな朝 (ミス)
さわやかな朝 (リベンジ)
Os-宇宙人
こたつから眺める世界地図
夜空の虫とどこまでも
黒いたまご
聖天脱力
ロックンロールは鳴り止まないっ
スピード
いかれたNeet
あるてぃめっとレイザー

☆アンコール☆
ベイビーレイニーデイリー
ちりとり
(学校に行きたくない)
23才の夏休み
ぺんてる

ちょっと違うかも~。


◎スタンドバイミーは即興で。

◎さわやかな朝は途中で合わなくなってストップ。中盤までやってたから、次の曲いくかと思いきや、の子が「オレは逃げない」と、もう一回!

◎こたつ~は初めて聴いた

◎夜空~はライブで聴いたらとってもよかった。

◎ロックンロール~から、僕は一気に盛り上がってきた。の子も「やっぱコレいいよね」的なこと言ってた。

◎スピードはこの日一番よかった。あの間のため方最高。表情も最高。かっこよすぎて面白かった。
散々ためて、そんなスピードぎゃ~♬って甘噛みも最高。噛んだ後のスピードげぇ♬スピードがぁ♬って繰り返しての持ってき方も最高だった。

◎ちりとりでアンコールも終わりの予定だったけど、の子が一人で学校に行きたくないを歌いだす。お客さんも一緒に歌いだす。
帰りたくない、帰りたくないって感じ。
本当にの子楽しそうだったし。そりゃノッてたらいつまででもやっとりたいよね~。

◎マネージャー劔さんもしょーがないなって感じで、見守る。そーゆうのとか、社長が延長料金払ってくれたからあと一曲とか、全部含めて盛り上げ上手だよね。

◎26歳の夏休み(YouTubeみたら名古屋のフリーライブでしたみたい)も一瞬やりそうだったよね。聴きたかった~。
他にも、僕は頑張るよっ・ねこラジ・夕暮れメモライザ・口ずさめる様に・夕方のピアノ・知恵ちゃんの聖書・ぽろりろりんな…とかとか生で聴きたいのいっぱいだけど、また次回のお楽しみってことで。
世界の終わりとの絡みもいつかのお楽しみってことで。

全体的に曲と曲の間のMCがゆるくて楽しかった。の子のペースが心地よかった。
配信で見てるときはあまりわからなかったけど、四人の掛け合い、バランスは本当に良い。
マネージャーの劔さんも前説からライブ中までとてもよかった。もうメンバーの一人だよね。
そんな感じもあって、成井さんがとってもいい感じに浮いてた。
バイオリンのサポートメンバーの女の人。
3曲くらい入ってたかな。なんか一人別世界の人って感じで浮いてたんだけど、それも良かった。まさに日傘さしてるお嬢様な感じ。

この日MCでの子がずーっと、神奈川は日傘さしてるお嬢様のイメージがあるっていってました。
千葉魂をみせてやる!って。
千葉と神奈川の民度の差がどーとか。
支離滅裂なとびとびトーク、繰り返しトークも
、チューニング鬼畜も、の子ペースで、それをみんな優しく見守ってた。
そんでの子は想像以上に優しかった。
切ないくらい、痛いくらい優しかった。

いろんなもの抱えてたり、キズを負ったりしてなきゃね、あんな優しくなれないよね。
うるせーよね。
全体的に優しかった分、ギターを投げた時の狂気も鮮明。


オアシス好きってのも言ってたね。クラブチッタでやるの初めてだからいいねって。今までいろんな人がここでやってきたんだって。

瞬間、瞬間が大事なんだ、今なんだってのも。
時間がないなんて知らねーよ、この瞬間なんだよと。アルバムの告知もどーでもいいよ、今はお客さんと対面してんだから、お客さんと調和したいんだ、一緒に盛り上がりたいんだって。

こんなの子だもん、またライブ行きたくなるよな。またこの瞬間に立ち会いたくなるよ。


ただ「おまえたちの中にあるロックンロールの衝動はいつ爆発させるんだ!」
言われてますから、ね。


しばらくはiPhoneでこのセットリスト再現して

僕も頑張るよっ☆


ちなみに相方の伴くんが最初に神聖かまってちゃんのこと教えてくれたんだけど、ライブ誘ったら
「バイトだもんで、ライブよりも家で聴くから行けません!感謝してます!」って。
絶対僕よりかまってちゃんのこと好きなんだけどね、好き過ぎてこーなるんだよね。
伴くんらしい。

そんな週6バイト鬼畜の伴くんと、自然の中で生きとる言いながらネット鬼畜の薗田、2人合わせてガロイン。
神聖かまってちゃんで言うと、伴くんがの子で、僕がmonoくん&劔マネージャー(本当はちばぎんとみさこ役も僕の仕事)なガロイン。

お次のライブは

◆底上げライブ◆
日時:5月21日(土)
開場:17:45
開演:18:00
会場:両国・お江戸両国亭(墨田区両国4の30の4両国武蔵野マンション1F・本所警察署隣り)

料金:前売り・当日共500円(学生は無料)

出演予定
ヘブリスギョン岩月、ゆきおとこ、カズミファイブ、猫柳ロミオ、ヨージ、おーたに、銀河と牛、母上姫子様、ジャンみやがわ、西村、セクシー川田、小野義道、ネポンしげる、清水狸、北村幸生、YUZI KOITO、ガロイン、オフ、林孝丞、くさわけしんたろう、うかれ小島、加藤ミリガン、カントリーズ、梅猿、アリス、きみえ、ランジャタイ、長谷川平常、カズほ、いとーじゅん、ラッキィ☆くじら、さんだるず、満腹亭ぷくぷく


チケットご希望の方は、mixiメールかコメント欄に連絡くださいませ。


僕の演劇の楽しみ方

先日、643ノゲッツーって劇団の『fuck you!! my love!』を観てきました。
僕は、なかなか楽しめなくて、「なんで面白くないんだろ~な」「どーゆうのが楽しいのかなぁ」とか考えながら、ずっと見てました。

僕が好きな演劇は、
◎観てる途中で、妄想が止められなくなるような、いろんなほか事を考えてしまうの。だから極端な話し芝居の内容とかはどーでもいいのかも。

もしくは、
◎なんか共感できたりして、自分だったら…とか考えちゃうの。こっちで楽しむ場合は芝居の内容とか重要なのかな。

乱暴にまとめると、
◎非日常。妄想促進タイプ。
と、
◎日常。共感タイプ。
な感じ。。でもないかな、

あともう一個は、
◎単純に笑いを取りに行ってる部分、劇中のギャグが面白いやつ。


あとは、役者さん自体が魅力的だと楽しめるよね。
今回観に行ったやつも、リン子先生役の森口美樹さんが光ってて助かったよね。

ちょっと前に観た劇団THE TRICKTOPSのも、須山造くんが光ってたから楽しかったし。
この子はきてたね。
脚本じゃなくて、人が妄想促進の材料になるっていう。や~、素晴らしい。

あーゆう魅力的な人達って、なんなんだろね。
華があるとか、オーラがあるとか。
で、役者さんの場合、舞台の上にあがるとって感じなんだよね。
終演後に須山くんとちょっと話したけど、普通の人になってたもん。

芸人の場合もう普段から、こいつなんか面白そうな雰囲気だな~って思う。
入り時間とかの時点で、この人のネタちょっと見てみよってなるんです。


あー、あと演劇は自分が弱ってるときに観た方が良い気がする。
お笑いも弱ってる時に見て元気づけられることあるけど、やっぱお笑いは基本的には弱ってない時に見た方が笑えると思う。


そんなとこかな~。

しかし演劇はチケット高いよね~。
今回のも2500円とかだよ、よくあんなにお客さん入るよね。いっつも不思議。同業者が多いらしいけど。
で、まぁ僕はよくチケットをごにょごにょしてもらってるから、文句はないんだけども。

ただ、鴻上尚史さんの舞台は4000円くらい払ったけど、払う時は渋ったけど、観終わったら見事に満足させてくれたからね。
良質な擬似体験、もう一つの人生を2時間くらいで楽しめたら、そら満足するよね。
あ、鴻上さんの舞台は、
妄想促進、共感、笑えるギャグ、全部満たしてくれてたと思う。すげーな。

身近なとこで言うと、
『sons wo:(サンズウォー)』は、妄想促進タイプ
『劇団THE TRICKTOPS』は、共感タイプ
『アンチバッティングセンター』はギャグ
『劇団タイムラグ』は妄想促進と共感
って、感じ。

うん。そうか、そうか。

映画とか読書も、似たような感じかな~。


ただ、お笑いはやっぱね。
単純に面白いこと、笑えるってとこだけに特化してることをやりたいな。僕は。



何処へ行くのか 漫才は

ファミコン道場ご来場ありがとうございました!

久しぶりに観たランジャタイがやっぱり面白くて、笑った。

うちの漫才はどうでしたかね。
アンケートでたくさん罵声を浴びて帰ってきたわけですが。

まぎれもなく今のガロインの100パーセントがあれなんで。
ふざけてないし、前に進み続けて今現在2011.5.3はあれが最高ですよ。


今日は覚えてるアンケートを紹介してお答えしましょう!

「やる気ないなら帰ってください」さんへ
やる気あるからやり続けますよ!

「よくわかんない」さんへ
僕もよくわかんないけど、面白いよ!

「時間を返してください」さんへ
それは無理だけど、その退屈だった時間を記憶を、貴重な時間に素敵な思い出に変えてみせるよ!

ということで、ライブアンケート読める時は見てるので、今後ともいろんな声お待ちしてます~
今のところ殿堂入りのコメントは
「久しぶりにゲロが出るほど面白くないものを見た」さんです。
この人はセンスあるね、伴くんが会いたい言ってましたよ!


昨日のライブ公式より結果をコピペ

1位  ロケット団    9.6111点
2位  やまもとまさみ  8.6578点
3位  サイクロンZ   8.6153点
4位  メンソール    8.3333点
5位  馬鹿よ貴方は   8.3076点
6位  S×L      8.0789点
7位  ヨージ      8.0769点
8位  フジタ      8点
9位  オープニングネタ 7.8181点
10位 関あっし     7.6315点
11位 友池さん     7.5641点
12位 シンデレラ    7.3421点
13位 カモメ      7.3142点
14位 原田17才    7.2894点
15位 いち・もく・さん 7.2285点
16位 モグライダー   7.2162点
17位 パーティ内山   7.0277点
18位 ゴールドラッシュ 7.0263点
19位 グーとパー    7点
20位 菊一文字     6.9210点
21位 どんぶらこ    6.7428点
22位 近藤です。    6.6315点
23位 マントフフ    5.9473点
24位 はんぶんこ    5.9444点
25位 もっちゃん    5.9230点
26位 モロヘイヤキングダム 5.6578点
27位 ドレミ      5.4571点
28位 ランジャタイ   4.5277点
29位 ガロイン     4点


見事ランジャタイとワンツーフィニッシュ!
や~、笑いました。
ちなみにガロインは前回のファミコン道場でも最下位。

こんな万年最下位の芸人を出演させてくれる馬鹿よ貴方はさんにも感謝してます。
ちなみに長身の方、平井ファラオ光はガロインとランジャタイとSMAで同期だったのです。
黄金時代ですね!
黄金時代といえば、名古屋吉本の同期も伴くん、加藤くんのバックチャンネル、戦士ティブマイハート、アサヒ、キンバギンバ……懐かしや。は、置いといて


今朝起きてこの結果みてね、やっぱり僕らの進む道は間違ってないなと嬉しくなりました、本当にだよ。

もちろんガロインとランジャタイも違う道だけどね。
今のお笑いとは違う道を行ってるから面白いんだと思うのです。
自分で肯定するしかないよね、まったく。

前から言ってるけど、競技種目が違うんだもん。これは面白いですよ。

お客さんがうちらの漫才みて、何してるかわからない、何がしたいかわからないってのも、よくわかります。
だから今に見とれよと思うし、
僕は頑張るよっ☆

僕はみんなで笑いたいんだよっ



エンタツアチャコ師匠の漫才はもっと自由だったんじゃなかろうか。

ダイマルラケット師匠の漫才は面白いね、YouTubeで見れますよ。

やすきよ師匠らの漫才ブームを経て、
天才松本人志が笑いは発想だ!と言ってましたね。

発想もいいけど、
もう2011年だしね。

もっと自由に面白い漫才をしよう、みよう。


昨日もランジャタイとお互い褒めあってましたけど、このまま終わったら本当にタダのイタイヤツラだもん。
そんなのヤダもんねー



あ、ちょっと顔見知りのココロさんがお笑いニュースサイトにファミコン道場のことを書いてます。
滑ってたガロインとランジャタイの名前もうま~く出してくれてます~。
ありがとうございます。

http://ckpc.net/kiji/929



次回のライブは
■5月8日(日)
■【シンネタゲンテイ】
■会場・阿佐ヶ谷産業商工会館第一集会室
■開場18:45、開演19:00
■前売り500円、当日700円
■出演
カズミファイブ
こんせいそん
猫柳ロミオ
銀河と牛
うかれ小島
八幡かおる
ADマーフィー
YUJI KOITO
モダンタイムス
むねもっち
ネポンしげる
パジャマお兄さん(ルサンチマン)
ゆきおとこ
チャンス大城
母上姫子様
佐藤麻衣
ガロイン
サードシングル
パープルタウン
銀河の夜
朝倉小松崎
本日は晴天なり
ピーナッツパン
ヘブリスギョン岩月
うじいえともみ
おーたに


まだまだ知らない芸人さんいますね~
好きな芸人さんもいるし、タイトル通り新ネタ限定のライブなので、楽しめるんじゃないでしょうか!

チケットご希望の方は、mixiメールかコメント欄に連絡くださいませ。
カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
月別アーカイブ