芸人ガロインのブログ。

ミッチェルと凡人 5VGS(ゴベガス)

先日のライブをユーチューブにあげてもらいました。

お時間ありましたら、楽しそうな4人を見てください。

http://www.youtube.com/results?search_query=%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%81%A8%E5%87%A1%E4%BA%BA+5VGS%EF%BC%88%E3%82%B4%E3%83%99%E3%82%AC%E3%82%B9%EF%BC%89&aq=f





スポンサーサイト

第12回 勝手CMアワード

第12回はコロプラという、新感覚携帯コミュニケーションゲームのCMです。

勝手CMのHP
http://www.movieimpact.net/award/index.html

今回は伴くんがメインで、インタビューに答えてます。
僕は横で笑ってます。

http://youtu.be/IUDpinS6vN8





■第12回勝手CMアワード
■2010年9月25日(土)15:20~17:00
■アップリンク・ファクトリー 1F(東京都渋谷区宇田川町37-18)
■入場:無料

勝手CMアワードグランプリ
会場と携帯サイト「1mini.TV」での観客投票によりグランプリを決定。

渋谷の会場に来られない方も投票できます。
9月25日(土)の15時くらいから16時半くらいまで、1mini.TVの携帯サイトから投票ができます。

http://1mini.tv

好きな1作品を選び、「スキ」ボタンを押して下さい。

ユーストリームからもライブ視聴できます
http://www.ustream.tv/channel/1minitv-cmaward

ニコニコ動画生放送からもライブ視聴できます
http://com.nicovideo.jp/community/co392604

キングオブコント2010決勝

キングオブコメディ優勝おめでとうございます!
昔から面白かったし、好きだったし、嬉しい。
この日も2本とも面白かった。
1本目だいぶ笑った。2本目は高橋さんの緊張がかなり伝わってきて、こっちまでドキドキ。笑うどころじゃなかったけど、面白かったと思う。

他は個人的にロッチ・ジャルジャル・エレキコミックに期待・応援してました。

●ロッチは相変わらず好きな感じ、楽しそう。
2本目は見たことあったからか、1本目の方が面白かった。

●ジャルジャルは個人的に旬を過ぎてたけど、一時期めっちゃ好きだったから応援って程度。
だが、2本目よかった!
全ネタの中で一番面白かった は、違うか。
総合的に一番良いネタだと思った。新しさとか、心意気とか、変さとか。

全ネタの中で一番面白かっただと、やっぱキンコメの1本目が浮かぶのか。

とにかく、やっぱジャルジャル好きだと思った。

●エレキコミックは、弾けられんかったかな。4分過ぎてもいいくらいの感じでノビノビやって欲しかった。
あの大舞台でノビノビって、そりゃ難しいですよね~。


●ラバーガールは安心して、いつも通り面白かった。
いかんせん突き抜けない感じも。

●TKOは、古き良きザ・コント。

●ピースは、ちゃんとしたネタ見たの初めてかな。
こーゆうコンビかって、分かったよかった。
2本目面白かった。

●しずるは、やっぱ大舞台に、勝負に強い印象。
一本目が面白かった。



印象に残ってる
好きなネタは

キングオブコメディの人質
ジャルジャルのおばはん
しずるのシナリオ
ピースのバケモン
ロッチの催眠術


あ、あと採点。
基準がどんどん変わっていっちゃうよね。
ぶれないようにする為には、点数は最後にまとめて公開した方がと思うけど。
番組の盛り上がりを考えると、しょーがないかとも。

でも、芸人が審査するのは良いし、一位はちゃんと決まる良い審査だと思う。
逆に一位以下の順位はあまり当てにならんなとも思った。

『ブッダは何を教えたのか』ひろさちや

仏教は、
世間の物差し不要。
人間の価値を測るな。
と言ってる。

世間の評価・価値観をばかにすること。

世間は政治の世界。


執着から心を解き放ち、ぼけーっとする。
急がないでゆっくり歩く。

中道…真ん中ではない。両極から離れること。こだわらないこと。頑張るなってこと。
いいかげん、良い加減。

欲望に縛られない。
美味しいものを食べたいのは、欲。
ものを美味しく食べればいい。


縁起。
子供が8才の時、親も親として8才。対等。

勝者は敗者に感謝。
敗者は余裕。俺のおかげだねと思えばいい。


自分の意志ひとつで思うままにできることを努力すればいい。
思うままにできないことは、
なんだっていい。
どうだっていい。


苦はなくならないが、
苦でなくなることはある。

目的や目標にこだわらない。
目標に近づいていく一歩一歩が尊い。
旅は目的地に着くまでが楽しい。



うん。
仏教いいですね。
や、ひろさちやの解釈がいいですね。

仏教も聖書も、解釈のしかた訳しかた次第だと思う。
やっぱり最初の原始仏教がよさげ。

バカな僕は全部受け入れます。



高尾山登って、殺生を辞める宣言したのが去年の8月。
もう一年経ったか。

ゴキブリ・蚊・ハエ・蜘蛛・アリなど、殺すのが当たり前になってしまってたのです。
やめてみたらね、やっぱよかった。

蚊が血を吸ってるのジ~ッと眺めたり。
捕まえて外に放り投げてみたり。
このゴキブリは人間界でいうと、マザーテレサかもしれんと思ってみたり。

人間からしたら存在理由が不明でも、他からみたら大切な理由があるかもと。
将来、逃したゴキブリや蚊に救われるかもと。

そんな僕の夢想が、
この本を読んで繋がった。


素晴らしき、縁の世界。


浮かんだ曲
ハイロウズ『笑ってあげる』
日々の煩悩と欲望の中に
しっかり確かな手応えがあるぜ♪

クロマニヨンズ『あさくらさんしょ』
わかったんじゃない 思い出したんだ♪

談志映画噺

談志・陳平で紹介されてたのは結構見ましたね。

この本で紹介されてるやつで、見たいのメモ。
見てない●
見た◎

【ミュージカル】
◎『雨に唄えば』ジーン・ケリー
◎『イースター・パレード』アステア

談志さんの言う通りミュージカルは、この2作で満足。
団体で踊ってるのより、個人芸がいい。


【コメディ】
◎『ワンダとダイヤと優しい奴ら』モンティ・パイソン

●『殺したい女』ベット・ミドラーの暴れ方
◎『街の灯』チャップリン
◎『我輩はカモである』マルクス・ブラザーズ
●『ミスター・ブー』徹頭徹尾まったくくだらない


【職人の技】
◎『情婦』ロートン
◎『お熱いのがお好き』
ビリー・ワイルダー。

●『生きるべきか死ぬべきか』ルビッチ。見事に作りあげられた映画

●『ドクトル・ジバゴ』大人の映画
●『旅情』大人のおとぎ話
デヴィッド・リーン。

◎『カサブランカ』


【エンタテイメント】
●『地上最大のショウ』

●『テキサスの五人の仲間』
◎『スティング』

●『リオ・ブラボー』
●『ハタリ!』
ハワード・ホークス

●素晴らしきヒコーキ野郎

●『俺たちは天使じゃない』
◎『ダイ・ハード』


【家元お気に入り】
●『ノッティングヒルの恋人』甘い映画

●『若草物語』これぞハリウッド、夢のある映画
●『ロアーズ』可愛い映画。夢のある。

「夢っていったいなんなんだろう」というと、
とりあえず美しいもの、明るいもの、幸せなもの、勇気のあるもの、その他色々と。変にごねないで、そういう素朴なもの

●『オー!ゴッド』必見!
●『禁じられた遊び』
●『ガンジー』
◎『素晴らしき哉、人生!』
●『走り来る人々』シナトラ
●『のるかそるか』何にもない映画


【男が撮った男の世界】
●『白熱』キャグニー


【怖い】
●『鳥』ヒッチコック

ガロインのネタ遍歴~9月8日サバイバル~9月17日M1 1回戦

ガロインはね~
ネタの形いろいろ変わってくね~

どっちがネタ書くか、
どっちがボケるか、
どっちに合わせるか、
2人とも気持ちいいのか、
歌、
~野郎、
ごたく、
擬音、
メロディー、
凡夫、
小説、
ショート漫才、
漫才コント、
そえおき、
進行、
コピーシステム、
スペック、
構成、
型づくり、


結成3年、根本の違う2人だから大変だけど、2人ともが気持ちいい瞬間は確かにあって。

9月8日は初めて意識的にその瞬間を作ったんじゃないかな。
けどまだ意図的ではなくて。
2回目3回目は同じネタしても、やはりあの瞬間は出せず。

新ネタやる時のドキドキ・ワクワクがなきゃ無理なんかなー。

M1も例年通りあっさり落ちたけど、ライブ後に伴くんが何かテンション上がってて、よかった。
審査員が落とすのもわかるし。

去年も一回戦落ちで、なんでヘコまんのだって怒られたけど、ヘコんだところで何もないからね。
後悔も反省も一生するつもりないんです。


うちのオアシスが
「賞や 評価は やる気になるけど
それが全てじゃないよね。」
ってさ。
そう、やる気になるお祭り。

お祭りは楽しまなきゃなんで、再エントリー(抽選)もしたし、実はミッチェルの4人でもエントリーしてます。
ユニット名は『ANGEL VOICE』
正直この4人で出るM1が一番楽しみだよね。


ガロインはビジネスパートナーじゃなく友達だから、これしかやらんよね。


こーゆうことをこんなとこで語るのは、弱っとるからでしょうね、ミスっとるけど。
まーいいやね。



クロマニヨンズだ!
『クロマニヨン・ストンプ』

人間 人間 人間 人間
人間 人間 人間 人間♪

宵越の 金もたねえ
てやんでえ しゃらくせえ♪

勝っただの 負けただの
てやんでえ しゃらくせえ♪

クロマニヨン クロマニヨン
クロマニヨン ストンプ♪

9月5日『らくご×情熱大陸』立川談志×爆笑問題

思い出に残る1日になりました。

病み上がり初の落語だったようです。
談志さん曰く、もはや落語に対する情熱が消えてしまったそうで、なぞるだけだと。記念切手のようなものだと言ってました。
確かにビデオで観た談志はパワフルでした。
1年前の4月も、まだまだ元気だった印象。
今日は声が出しづらそうだったけど、まだ談志は健在。

老いた談志さんを見守っていたい。
可愛いおじいちゃん。
優しい気持ち。
僕も誰しも日々確実に老いている。


邪道ですが、今回ヤクオフでチケットを定価の1000円増しで買いました。
落札の時にもドラマがあって(痴話喧嘩ですが)、それも記念。

浜村さんと観られたのも記念。
浜村さんとは結構長い付き合いだけど、このチケット取ったことが、今までで一番感謝してるって。
居候させたことよりも!?
まぁ、そんだけ喜んでもらえたなら幸いです。


●最初は談志さんの、ジョークあれこれ

の前に、過去の情熱大陸の映像。
入院前の映像は睡眠薬と酒で、とても体調悪そうに見えて、一瞬心配しちゃった。
けど、談志さんの愛嬌あるぼやきにすぐ笑ってしまった。
しかも入院中のベッドであの談志が反省してて、また笑い。

そして舞台に登場した談志さん。
体調悪そうな自分のVTRの話から、覚醒剤のやり方をたっぷりと話しだし。
客席のおじさん・おばさんはどんな気持ちで聞いてるのかと、とても可笑しかった。

小噺はほとんど『談志・陳平の言いたい放題』で聞いたことあるものでした。
やはり僕も、
浮気の小噺とレストランの小噺は大好き。
ロシアンルーレットも良かった。


●爆笑問題の漫才
順番が談志さんに挟まれての漫才
やりにくいよね~

太田さんが漫才中に噛むって、見たことないし、イメージもないから、余計に笑えた
最後のたたみかけは流石で、気持ちよく終わった。


●談志さんの楽屋生中継
談志の生着替え。
鹿児島の僕のおじいちゃんが浮かんだ。
ご飯食べたり、着替えたりを見てるだけで愛しく、笑える、あの姿。

談志さんの着替えも面白かったなぁ、それを見てるしかない直立不動の爆笑問題も最高に面白かった。
この演出・構成は素晴らしかった。
おかげで談志さんの落語もリラックスして観れました。


●オダギリジョー
サプライズゲストのオダギリジョーが談志さんの落語前に舞台にお茶を出したり(前座の仕事?)してた。
ファンで談志さんの落語会の後、打ち上げに参加して一度一緒に飲んだ仲だとか。
すげーね。
NHKの番組で井上陽水のファンだと知って、気にかけてたが、これはもう好きになっちゃうね。


●談志落語(ぞろぞろ)
階段でつまずきヒヤリ。「大丈夫だ」と。

相変わらず、いろいろ余談を挟みながら。

●談志落語(落語チャンチャカチャン)
名曲メドレーのようなもの。
談志さんが作ったわけではないのかな?

わからんけど凄みがあった。


●立川談志×爆笑問題
落語チャンチャカチャンまで披露した談志さんに、太田さん「すごいサービスですね」と。
談志さんは「サービスというか、自分の納得の為」だと。

最後は談志さんの三本締めで終わった。
浜村さん、会場を出たとたんいつもの小声で「オレ立川談志と一緒に三本締めしたんだぜ」と自慢してきた。

客席には細野晴臣さんもいたようです。


談志さん まだ死んでない。
まだまだ 注目してます。


人生成り行き

新たな自主映画 ~伝説に向かってピュレミー~

ライブでガロインを観たお客さんが、実は新人脚本家で、ガロインを使って映画を撮りたいと言ってくれました。
そんな出会いで完成した、短編の自主映画です。

鳥海監督の記念すべき初監督作品に出られて最高だ!

「伝説に向かってピュレミー」 (ガロインムービー) [注 : シュール]
http://youtu.be/ChOYp8vvo5I?a


ロケの時に、ちぇんちぇんが芸人フリマの取材を受けてて、ガロインもついでにニュース記事に載せてもらいました~
伴くんの輝く笑顔!!
http://www.nicheee.com/archives/1454192.html




そして、毎度おなじみ秋山監督の勝手CMも第10回と11回の作品が新たにYouTubeにアップされたので、お時間あれば見てみてください。

第10回の作品は懐かしのミルチャー

パナソニックケーブルテレビ勝手CM〜ケーブルテレビ愛 篇〜
http://www.youtube.com/watch?v=Np02-IHAWgc


第11回の作品はホームレスの薗田が登場

許せ、友よ 勝手CM
http://www.youtube.com/watch?v=6j2I6J07fpM




「狂い」のすすめ

「狂い」のすすめを読みました。
著者のひろさちやは仏教思想家の人。

狂った世の中で狂えば正常になれる。
場合によっては狂いが倍加するけれど、今の社会は狂いすぎてるから大丈夫だって。

僕もそこそこ自由に、世捨人みたいな格好だとか言われながら、パンツもはかずに生活してますが。
なるほど、まだまだ常識に縛られてるよね。

旅は常識を捨てるのに有効。
海外ならなおさらだろう。
インドに行きたい。
古くはインドを天竺と呼んでたらしいし。


【風狂】【遊戯(ゆげ)】
ドキドキ・ワクワク・ニコニコ・キラキラな言葉

政治家に浴衣着てもらうなんてのもいいな。

人生の危機と生活の危機は違うんだ。


●常識を逆撫でする発言もたくさん
・明日できる仕事を今日するな。他人ができる仕事を自分がするな。
・反省や後悔をするな!希望や理想を持つな!
・正しいことは言わないでおこう

実践はなかなかできないけど、素敵な考え方だと思いました。


のんびり生きよう
主体性を確立して自由に生きる
孤独に生きるのでなく、孤独を生きる
世間に遠慮せず遊ぶ


読んでてヒロトとマーシーの詩が浮かんだ。
胸がドキドキ・エイトビート・夕暮れ・即死とか。
即死はマーシーなのか。

他人の評判を気にせず、世間の評判を気にせず生きるには、やはり狂うのが一番

仏教において、この世はご縁の世界
このタイミングで、この本と出会えたのも、ご縁ですね。

苦しみさえも楽しめたなら、無敵じゃないですか。

仏教も サルトルも カミュも 知らんけど。
とりあえず ひろさちやさん好き。



何が正しいか知らない
何が楽しいか知ってる♪

信じてるのは 胸のドキドキだけ~♪

近況メモ

●カリカ単独『魔王』・三四郎単独『道徳の日本男児』・浜口浜村単独『浜口浜村は、』・ジンカーズ単独・ハリウッドザコシショウ単独『ザコシの単独でポン!』

●モダンタイムス・リボンズ・不断ショコラ・神宮寺しし丸・ゆきおとこどんとまいんど・上々軍団・しゃもじ・TAIGA・ランジャタイ・ハニーベージュ・馬鹿よ貴方は

●清竜人・曽我部恵一・中村一義・アナーキー・レビアタン

●市川海老蔵・孫 正義

●ディズニーランド・東京タワー・お台場・吉祥寺・井の頭公園・ドラえもん展・マンレイ展・足立の花火・梅佳代写真展ウメップ・泉谷しげる強烈マンガ展・田淵行男写真展・サザエさん展・デリシャスウィートス・フジフィルム写真展

●ニセ札・インスタント沼・イエスマン・鉄男BULLET MAN・容疑者Xの献身・クライマーズハイ・なくもんか・パコと魔法の絵本・カールじいさん・シティーボーイズのFilm noir(俺の切腹・遠き少年の日々・Dark on Dark・ドキュメント 中村有志)・告白・BECK

●ヒメアノール・サムライカアサン・人を動かす・アイアムヒーロー・モテキ・鉄コン筋クリート・水木しげる伝・「狂い」のすすめ

●自転車・冷蔵庫・電子レンジ・メガネ

●鹿児島・函館・青森

ナンセンスヒューマン

●薗田 剛の趣味・特技は?
お笑いライブを観る。
自転車。
自然に触れる。
冒険する。
(函館・青森・東京23区・名古屋16区・伊豆大島・岡崎・琵琶湖・富士山・大山・高尾山・鹿児島)
節約する。
(エアコン嫌い。100均のシャツ好き。食パン好き。パンツ嫌い。家賃嫌い。)


●薗田 剛の経歴は?
【学歴】
名古屋市立工業高等学校卒業。
【職歴】
トヨタ系の工場に5年勤務。
【バイト歴】
郵便配達・コンビニ・家庭教師・居酒屋・古本屋・宅配サービス・ファミレス
【芸歴】
2004年名古屋吉本のNSCへ。
2007年ソニーHEETプロジェクトへ。
2009年オスカープロモーションへ。


●薗田 剛の出演歴は?
【ネット配信】
勝手CM
着うた「春夏秋冬 恋心」
デモ田中のマンデロナイト第40回・41回にゲスト出演
笑ヂオ第30回にゲスト出演
ラジオ平成会議室の第71回・72回にゲスト出演

【トレインチャンネル】
フィットネスクラブTIPNESSのCMに坊主役で出演

【自主映画】
galoin Film01(監督Necrades)
ガロイン大山登山(監督秋山理央)

【PC用同人ソフト】
『AKIBAの街~神々の境界線~』

【演劇】
劇団TIMELAG『はたらくくるま』
稲妻座『MODOKI~もどき~』
sons wo『長いしっぽ』

9月ライブ


●9月4日(土)
『クリームパンチ』
【開場】12:45
【開演】13:00
【料金】前売800円 当日1000円
【会場】中野twl
【出演者】
スカイラブハリケーン
ベティ
じゅんざぶろう
先輩×後輩
ダンシングドール
マリッジブルーこうもと
コブラナッツ

爆弾低気圧
まーらいおんず
劇団テラ壊シZ
ルーキング
グリーントラベル
にゅ~とんず
ダボ~ず
パーティ内山
しめこのうさぎ
ぅめやん
モーリークーパー
イトウコウヘイ
ガロイン
アパートメント
ダンボール
赤猿
ネイチャー
やぶきにしやま
カンカンセン
たかはしくん
テリーヌ
ジャンクション
ラフスタンス
MORIYAMA
ショウタイム
ブルーペガサス
エドモンド
ヨシウラ食堂


●9月4日(土)
ガロイン出演のPC用同人ソフト発売
『AKIBAの街~神々の境界線~』発売記念イベント
○概要:
秋葉原を舞台にした<インタラクティブ・ノベル・ドラマ>
『AKIBAの街~神々の境界線~』の発売を記念して、
製作者によるトークや様々なアーティストによるパフォーマンス満載の
イベントを華々しく開催いたします!

○日時:
開場:18:00  開演:18:30
○場所:
秋葉原クラブグッドマン
 東京都千代田区神田佐久間河岸55 ASビルB1F 
 (JR秋葉原駅・昭和通り口より徒歩2分)
○料金:3000円
(1ドリンク&『AKIBAの街』本編ディスクつき)

○出演アーティスト(あいうえお順):
・アンチバッティングセンター(コント)
・かものなつみ(アイドル)
・壊れかけのテープレコーダーズ(バンド)
・でき心(バンド)
・藤澤花恵(CanCam読者モデル)

○主催:
 LAVA STUDIO

◇『AKIBAの街~神々の境界線~』とは◇
 秋葉原を舞台に5組の主人公の運命が交錯する、テキストタイプのいわば「電脳紙芝居」ともいえるPC用同人ソフトです。
 『AKIBAの街』はこの夏東京ビッグサイトで開催される「コミティア93」にて先行発売。

『AKIBAの街~神々の境界線~』公式サイト
http://lavastudio.jp/akiba/


●9月8日(水)
『サバイバルライブ』
【開場】18:40
【開演】18:50
【料金】前売500円 当日800円
【会場】なかのZERO視聴覚ホール
【出演者】
・last stage
TK部隊
ドイツみちこ
ケンカキック
ザ・ポジティブ
パーティ内山
・2nd stage
ばいそん
トマホーク田口
キャメルトロフィ
弔い合戦
ワンツーギャンゴ
ショーキング
苺くらぶ
にゅ~とんず
おねがい
はんぶんこ
ザ・レストラン
イレブンバック
ガロイン
・1st stage
クサカベシン
原宿R
イトウコウヘイ
石堂真吾
椎名雪絵
マスターピース
Mick
金沢基明
アモーン
アナコンダ
クロワッサンズ
キマポ
ワンオーエイト


●9月15日(水)
『トンガリ 其の十八』
【開場】18:40
【開演】19:00
【料金】500円
【会場】なかのZERO 視聴覚ホール
【出演者】
碓井栄、エル・カブキ、おしぼりチルドレン、金沢基明、カネダマコト、ガロイン、くろえすーぷ、公園ドライブ、こばやしまお、こんたく。、斉藤サトル、ザ・レストラン、三四郎、ジグザグジギー、スタスタローン、東京マン、東洋くらしっく、なっつみるく、はぐれ悪魔トリオ、バジル公園、ハマヤ、報復Z、まもる、モンキーはじめ、野球家族、りんご、ルーキング、ヲカザキ、他


●9月20日(月祝)
『ミッチェルと凡人5VGS(ゴベガス)』
【開場】14:00
【開演】14:30
【料金】前売800円 当日1000円
【会場】中野Vスタジオ
【出演者】
さとうとしお、薗田 剛(ガロイン)、伴 雅哉(ガロイン)、古田一将(糸)


●9月21日(火)
『ヴァーサスライブ』
【開場】18:40
【開演】18:50
【料金】前売800円 当日1000円
【会場】中野ZERO視聴覚ホール
【出演】
マリッジブルーこうもと、メカイノウエ、ワンツーギャンゴ、ガロイン、シンボルタワー、千葉チューセッツ、ブリッジマウンテン、はちじゅういち、クサカベシン、鈴木ひらめき、宇治金時



●9月28日(火)
『スタイル』
開場18:30/開演19:00
しもきた空間リバティ
前売り¥1,000 当日¥1,200
【出演】
アルコ&ピース
(SonyMusicArtists)
オジンオズボーン
(松竹芸能)
カトゥー直也
(マセキ芸能社)
カノン
(松竹芸能)
GUMシロップ
(サムライム)
劇団イワサキマキオ
(サンミュージック)
ツィンテル
(マセキ芸能社)
トップリード
(太田プロダクション)
ななめ45°
(ホリプロコム)
パーティ内山
(グレープカンパニー)
ヒカリゴケ
(松竹芸能)
星野卓也
(マセキ芸能社)
ランチランチ
(ホリプロコム)
ワンツーギャンゴ
(サンミュージック)
【スタイルチャレンジ】
ジャンボ仲根Jr.
ガロイン
三本松みきお
鋼鉄トルティーヤ
純情パスタ
宇治金時
弔い合戦
ムコアンジー
カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
月別アーカイブ