芸人ガロインのブログ。

9月~11月のS-1

ずーっと忘れてた。

今月は面白かった。
おなじみのメンバーだけど。

11月面白かった作品
●中川家『節子』
●天竺鼠『ショートコント』
●キュートン『ハトモネア』
●ペナルティ『5秒大喜利』
●モンスターエンジン『ゴッドハンド洋一』
●ロバート秋山『突撃お手洗い』
●ジャルジャル『家庭教師』
●笑い飯・ソラシド『遊び』
●サバンナ・きんに君『アメリカ』


10月面白かった作品
●ペナルティ『5秒大喜利』


9月面白かった作品
●キュートン『海苔』
●ジャルジャル『かべテープ』
●スリムクラブ『葬式』
●笑い飯哲夫『授業』



S-1は大阪芸人のネタ見れたり、おふざけが見れたり、なんだかんだありがたいです。
スポンサーサイト

人にはそれぞれ事情がある

回りと違う人、ちょっと変な人が僕の回りにもたくさんいます。
合わせられないんですね。
合わす必要もないと思うし。

ただ、そーゆう人の方が優しい気がします。
社会不適合者を受け入れてほしーあーー
切ない。

人にはそれぞれ事情がある。
分かり合いたい。
伝えたい。

アインシュタインはアスペルガー症候群(高機能自閉症)だったそうで。
高機能自閉症て、かっこいいね。


あんまり詳しくないけど、知的障害があるからこそ驚異の能力を発揮するサヴァン症候群ってのもあって。
アインシュタイン・山下清・モーツァルト・エジソンなどがサヴァンだったと。ゴッホ・ビルゲイツも?

人はみな同様の能力を潜在的に持つが、普段は封じ込めている。
サヴァンの人は障害のため鍵が外れ、能力を発揮してるんじゃないかと。


誰も彼も光に溢れとる。

【像画】たっだちっこは本日の昔

ずっと疑問に思ってたんです。
新聞の見出しとかが、右横書きから左横書きにどーやって変わったのか。
ある日を境に一斉に変わったんだったらすげーなぁと。

調べてみたら、一斉にではなかったようです。
残念。


新聞の見出しは『読売報知新聞』(現在の『読売新聞』)が1946年1月1日号に【右横書き】から【左横書き】に切り替わったのが初。
1948年までに『日本経済新聞』を除く全紙の見出しが切り替わった。
(日本経済新聞は1950年9月に切り替え)

ただし新聞の見出しや看板などの【1行の右横書き】は【1行1文字の縦書き】と考えられる。

なるほど。


今は蕎麦屋とかの暖簾でしか、右横書きを見ませんね。
逆さになってると伝統を感じます。



う願を活復の書横右

もかるなく良が本日

20091201184605

1日3日ライブ詳細

●12月1日(火)
『ハッ!!ちゃけライブvol.6』
【開場】18:45
【開演】19:00
【料金】前売800円、当日1000円
【会場】新宿バイタス
【出演】
ぶどう,インチキ斎藤,ひざかっくん,おねがい,☆まかりな☆,群青スバンキー,ぽ~くちょっぷ,青春バニラ,高橋小形,フラメン前田,チップ青木,マウンテンバレー,ガロイン,ワイルドカード,けつばん,チャンピオン,さむらい侍,先輩 後輩,気まぐれスケッチ,ジェントリー,ブライアンバンク,グリーンマンション,メロディー
【ゲスト】
矢じるし(ケイダッシュステージ)
シャバダバ(エキサイティングトリガー)
メンソールライト(太田プロダクション)
ラブドライブ(アミーパーク)
オジンオズボーン(松竹芸能)
トップリード(太田プロダクション)
三拍子(サンミュージック)

●12月3日(木)
『アポロ9号~バカな大人たちの祭典~』
【開場】19:00
【開演】19:30
【料金】500円
【会場】千川びーちぶ
【出演】
高橋(アホマイルド)・羽生(Bコース)・ムーディ勝山・上林(電撃ホルモン屋)・エイテツ・ジョーク山越・小峠(バイきんぐ)・カンカン・渡辺隆・長谷川(マッサジル)・ラブ守永・植田(うえはまだ)・とよと(背水の人)・川原(ジェニーゴーゴー)・奥村俊祐・エアロ清水・段田ダニエル・もうこはんくりごはん・ニコチンおじさん・桐野安生・8番本間・天野(奴子食堂)・モンチャック・ハーレー桃多・さとうとしお・薗田(ガロイン)
※薗田のみ出演


チケットご希望の方は、mixiメールかコメント欄に連絡下さいませ。

東大生よ!若者よ!アホになれ!

23日の倉本美津留さんのライブ。
やっぱりあのおっさんは凄かった。
お客さんに手拍子させて、立たせて、歌わせて、口笛吹かせて。
正直恥ずかしいし、したくないんだけど、強引なパワーでお客さんを巻込んでました。

やってくださいって感じじゃなく、やれよって感じ。
なんならちょっとキレとったし。やー、凄い。笑っちゃう。


ライブの流れは、言葉が出てきてその言葉について話して、歌う。

【躾(しつけ)】
日本で生まれた漢字。
美しい行動、礼儀・作法を教える。
おしつけにならないように。

【天下】
生まれた時点でみんな天下をとってる。
天の下にいる。
一番前を歩きましょう。

【オリジン(起源)】
オリジナリティーが大事。
尊敬する人がいるなら魂を受け継ごう
ダリ
ミケランジェロ
アインシュタイン

【自然と僕】
自然は優しい。勝手にプレゼントくれてる。
熱帯魚なんであんな綺麗やねん。
空の色なんであんな気持ちいいねん。
ありだかみを感じる。

【閃き】
閃く方法。人と話して門を開ける。
自分の言いたいことがすぐ伝わる人が門を開けてくれる。
そーゆう人を周りに増やす。

【意】
意思の伝え方。
心の音を鳴らす。
自分が、ディン!と鳴らすと、ドン!と返ってきて、ダン!っとでかいの鳴らせる。

【使命】
人の数だけ個性がある。
自分だけの命を使う。
それこそ使命。

【C幼笛】
偶然に感謝。
太陽と月の位置。昼と夜の時間配分。見事な四季。
たくさんの偶然の中に生きてる。そこにありがたみを感じる。
偶然は天からのプレゼント。感謝すればまた偶然がおこる。
偶然に気付いてなんぼ。
C幼笛の由来は解説めっちゃ早口でよくわからんかったけど、凄い勢いでまくし立てられ、みんなで口笛を吹いた。
口笛は天に届く感謝のメロディー。


や~、熱いおっさんでした。
一生懸命に想いを伝えてるんですね。

誰もしない1000円の使い方【画像】

伴くんに『人間は嘘つけるんだから嘘つけばいいじゃねーか』と、言われ妙に納得する。


品川のジョナサンから家まで、環七の車道を自転車で駆け抜けていたら、道端に1000円発見。
ラッキー。

家に着くまでに普段使わない使い方で、1000円使い切ることにする。

まず小銭にしたかったのでコンビニへ。
店員さん(50歳くらいのおじさん)にオススメのおでんを聞いて「牛すじが美味しいですよ」言われたので、買って「小銭が欲しかっただけなんで、おじさん食べてください」と言って、その場を去る。
きょとんとしてたが、食べてくれた。
牛すじ105円、残り895円。

神社で50円賽銭箱に入れる。
普段1円も入れないからね。
残り845円

ホームレスのおじさんに「道で500円拾ったから」言って200円あげる。
笑ってた。
残り645円

ゲオで最近テレビで放送してたダイハードを借りて、その場ですぐ返却。
不思議な顔。
レンタル100円、残り545円

橋から川に100円投げる。
変な良い気分。
残り445円

公園の砂場に100円隠す。
見つけた子供が喜ぶだろうね。
残り345円

99ショップで『焼麸』と『ターメリック』を買う。
もう一生買わないでしょうね。
208円、残り137円

残り137円で家についてしまい、家のまわりをうろちょろ。自販機を発見。
釣り銭口に137円置く。
釣り銭に1円5円はびびるだろうね。
見事0円


ただいま。
いつもなら1時間で着くのに、2時間かかっちゃった。
でも楽しかった。




全部、嘘ですけど。

20091201183404
20091201183416
20091201183411


写真は上から
●自販機
●UFO
●UFOと宇宙人

23・27日詳細と倉本美津留

今回のライブは、両日ともネタみせ通過して出演権を得たライブなんで嬉しいです。

23日のライブは、今までで一番豪華な共演者なんじゃないかな。
って言ってもお笑い好きな人じゃなきゃ、知らないと思うけど。

で、何が嬉しいかって、たぶんお笑いを好きなお客さんがいつもより多くきてくれるかなーと思うわけです。
普段のインディーズライブは、ほとんど出演者の友達ですから。
や、もちろんどちらもお客さんに代わりはないのですが。ね。

お客さんたくさん入るといいな。


●11月23日(月祝)
『スタイルライブ』
【開場】18:30
【開演】18:50
【料金】前売1000円、当日1200円
【会場】中野ZERO 視聴覚ホール
●出演●
あきげん
朝倉小松崎
オジンオズボーン
鬼ヶ島
カトゥー直也
カレー
カノン
劇団イワサキマキオ
ゴールドラッシュ
上々軍団
シャンゼリーゼ
ジンカーズ
馬鹿よ貴方は
ヒデヨシ
マリッジブルーこうもと
めいどのみやげ
なすなかにし

【スタイルチャレンジ】
ガロイン・イレブンバック・とんこつスープ・にゅ~とんず・モンブランズ


●11月27日(金)
『ゼロワンライブ』
【開場】18:40
【開演】19:00
【料金】1000円
【会場】中野芸能小劇場
【出演】
クールポコ、EE男、うえはまだ、サンシャイン池崎、ペンタゴン、ガロイン、背水の人、かるら、中西けんたろう、どどん、ワンツーギャンゴ、パンダユナイテッド、ツインタワー


チケットご希望の方は、mixiメールかコメント欄に連絡下さいませ。



と、23日の昼間にこんなイベントを発見しました。
【東大生×倉本美津留】
東大の学園祭、駒場祭にあの倉本美津留がやってくる!
倉本美津留氏による魂の叫び!何が起こるか分からない!
稀代のエンターテイナーによる決起集会。フロンティアの叫びを聞きに来い!

『若者よ!東大生よ!アホになれ!』
【日時】
2009年11月23日(月祝)
13:00~14:00
【場所】
東京大学駒場祭
東京大学駒場キャンパス12号館前(新館前)ステージ
(京王井の頭線・駒場東大前駅直結。渋谷から電車で3分です。)
【料金】無料
【プロフィール】
日本を代表する放送作家。シンガーソングライター。
「ダウンタウンのごっつええ感じ」「笑う犬の冒険」「伊東家の食卓」「たけしの万物創世紀」をはじめ、無数のヒット番組を構成。
峯田くんとCDも出してる。
2007.4.21のライブもとても良かったです。(4.22のブログに書いてます)

夜勤あけで自分のライブ前だけど、いっちゃうもんね。

努力ラッキー&感謝ハッピー

むか~し、むかし、ある人達に『僕達はラッキーを信じとるから大丈夫です』言ったら怒られちった。
言葉が足りなかったです。



●北野武監督『アキレスと亀』を観ました。
芸術がテーマ。
「(芸術が)当たるか当たらないかは宝くじのようなもの」
「絶対に当ててやるなんて図々しい」
「でも宝くじは買わなきゃ当たらない」

●アインシュタインは言った
「私にはよいアイディアが浮かびますが、他の人もそうです。ただ私の場合、幸運(ラッキー)だったのはそのアイディアが受け入れられたということです。」
「私は天才ではありません。ただ、人より長く一つのことと付き合っていただけです。」
「唯一の救いは、ユーモアのセンスだけだ。これは、呼吸を続ける限りはなくさないようにしよう。」

●松本人志は語った
「所詮、俺の力なんて40%くらいのもんや。100%の笑いは、笑いの神(ラッキー)が舞い降りて来たときにだけできる。でもその笑いの神(ラッキー)は40%の力を必死に出そうとしている芸人にしか降りてこない。」


●伴くんは常にラッキーを求めている
自販機の釣り銭口をとても自然にチェックする。
もはや日常。


これらを経ての『僕達はラッキーを信じとるから、ラッキーを迎える努力をちゃんとするし、大丈夫です』ってことでにゃ。

まだ言葉足らんかな~。言ってたら
『求めなければ幸運は来ないし、幸せは感謝する人のところにやってくる。
求めることは努力で、感謝は慈愛だと思う。』
なんて言葉を頂いた。
ありがとうございます。



●アインシュタインは、これも言った
『常識とは、十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう。』
『人間の真の価値は、おもに、自己からの解放の度合いによって決まる。』
『何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない。』


ただ、図々しい言われても、当てたい(認められたい)です。
やり続けたのに、認められずに死んじゃった偉人はどーなるの。

うちらのスペック※なりムニョス※なりマザーアース※なりファザースカイ※を認めてもらうには、何を努力したら良いのでしょう。
って、確かに図々しいですね。
そーだな。
ふーーむ。



※は全てガロイン語。

アンチバッティングセンター

第5回公演【アンチバッティングセンター】を観てきた。

演劇なんだけど、やってるのはコントで。
コント芸人の単独ライブと変わらないよね。
違いは、人数が多いくらいか。
あと衣装とか小道具がちゃんとしてる。

アンチバの人達がバイきんぐさんの単独とか見たら、どー思うのかな。
別物なのかな。

夜ふかしの会なら近いのかな。


佐藤さんと丸山さんはトリックトップスの時より生き生きしてた。

『アナーキーな姉貴』は胸に手を添えてるだけだったのが、なんだか中途半端でもどかしかった。
鷲掴みにしてくれたら、もっと笑えたのにな~。
まぁ、周りはもっと引いたかもしれんけど。


いろんな人がいた。
海野さん、厭木さんは達者で。
なんか存在感ある人もおって。
鈴木さんはほんわか浮いてて良かった。


新鮮で楽しかった。

謝罪記念日

ある人のところに謝りに行った。
ずっと心残りだったから。

自分の選択を後悔はしてないが、筋が通ってなかったから。


寛大な心で許してくれた。
無理と言いつつ、人づてに優しい言葉をくれた。

恥をかくのは構わないが、恥ずかしい生き方はしたくない。

って誰かが言ってたんたたん。

芸術ノイローゼたち

17日の無力無善寺って場所、お寺じゃなくてライブハウスの名前でした。

小汚い場所でしたが、いろんな言葉が壁に貼られてて、魅力的な場所でもありました。
・つげ義春
『世間に合わせて生きようとするから不安になる』
・高田渡
『歌が一曲残ればそれでいいんです』
・三上寛
『人の心をさぐるな仏の心をさぐれ』

ライブ開演時お客さんゼロ人。終演時1人でした。
が。
出演者がお客さんとなり、楽しいライブとなりました。
エンディングなんてニコチンおじさんと相方のやりとりに感動してました。

オーナーのおっちゃんがこれまた笑顔の素敵な人で、一発で大好きになりました。

めずらしく打ち上げにも参加しちゃって、良い出会いがありました。
ニコチンさんは、携帯電話をビールに沈めて遊んでました。
笑った、笑った。


翌日100円レンタルで、早速『タカダワタル的ゼロ』と打ち上げで話題になってた『アキレスと亀』を借りる。
ついでに、『チェゲバラ28歳』『チェゲバラ39歳』『あらびき団』も借りる。

チェゲバラには興味あったんだけど、長くて飽きちゃった。
あらびき団には変な人がたくさん。
タカダワタルはほんわか素敵な人。

で、アキレスと亀が面白かった。
芸術がテーマなだけに興味深かったし。笑えたし。
あんな生き方も面白いな。
結局やり続けるだけ。



the pillows
『New animal』
誰かになりたいわけじゃなくて
今より自分を信じたいだけ♪
世界に押しつぶされる日まで
言いたい事を言ってやるんだ♪

審査員は自分自身の他に誰もいらない♪

触れたら無くなりそうな夢を見て
それでも手を伸ばし続けてる♪
一欠片さえも残さないで
砕けた僕は風になるだけ♪

【再出発】11/15(水)スリーミニットライブ

や~、今日は気持ちよかったぁ。
伴くんも『舞台上で楽しかった』って。

ガロインで初めてネタした時(マセキのネタ見せ)以来のフレッシュさと。
ペナルティさんの前でネタした時(パフォーの動画撮影)以来の勢いと。
男子2人がツボにはまってくれとったのと。
知り合いの芸人がおらんかったのと(微妙な知り合い芸人がおると、伴くんの自由度が制限される)。
台本の記憶の為の練習ではない、真の練習の発見と。
作家さんに言われてたことの意味を、やっと自分で実感できたのと。

いろんなものを経て、いろんな事が重なって、やっと自分の意思でスプラッシュの片鱗を出せたんじゃないかな。


志と目標への道も、うっすらとは見えてきたかも。
やるべき事が見えとるってのは、本当にありがたいことです。


今日は台本通りちゃんとはやれてないし、僕は暴走したし、伴くん笑っとたし、でしたけど。
それでも29組中3位だったし、アンケートには絶賛の声もあったでね。
これを偶然で終わらせず、暴走とちゃんとの間を身に付けます。


永遠の素人ガロインは毎日生まれ変わり、常に結成1日目。
寝て起きて生まれ変わり、なんなら僕は自転車こぎながらまた生まれ変わります。
下手したら1日に3回くらい生まれ変われるな。

酒井雄哉の著書
『一日一生』
を胸に。
孔子の言葉
『日に新たに 日に日に新たに また日に新たなれ』
を座右の銘に。


侍魂(ソウル)を
マス大山主義(イズム)を
岡本太郎精神(スピリット)を

体現するるんです!



関係ないけど、ボブ・ディランの「オール・アイ・リアリー・ウォント」聴いてて度肝抜かれました。
3分40秒~3分45秒のとこで、笑ってるんです。
歌いながら笑っとるて、最高だもんね。

15日17日23日ライブ詳細

M1敗者復活を地上波で放送するそうで、ありがたいです。
2008はワンセグで5~6時間観てて、頭痛くなったでね。

☆ライブのお知らせ
15日(日)は、昼間にライブ!
17日(火)は、お寺でライブ!
23日(月祝)は、あの冥土の土産とライブ!


●11月15日(日)
『スリーミニット』
【開場】13:40
【開演】13:50
【料金】前売500円、当日800円
【会場】中野ZERO 視聴覚ホール
★ゲスト★
劇団イワサキマキオ
朝倉小松崎
ケンキ
森田拓馬
☆出演☆
寺X、ジャンククン、3ライズ、松下泰久、ネコ風船、ポンコツらーめん、シリウス、ヘッドスライディング、ワサんぼん、ガロイン、キャロライン、クサカベシン、ザ・ポジティブ、ハラノマイスター、がんじがらめ、ギャースカランド、えいしん、ジェイライン、ぎ兄弟、岩クレイジー、なかりょう、草柳和哉、スパイシーチキンワールド、トニー、あっちゃん


●11月17日(火)
『お笑いまるげりぃた』
【開場】18:30
【開演】19:00
【料金】800円(ワンドリンク付)
【会場】高円寺無力無善寺
地図 http://necotest.net/images/index-muzenji.gif
【出演】
ガロイン、☆ルリヲ☆、マシャスタイル、サイズ、弔合戦、ジェットドラシー、ネポンしげる、二階堂旅人、桐野安生、マッシー、らぶ☆でぶ


●11月23日(月祝)
『スタイルライブ』
【開場】18:30
【開演】18:50
【料金】前売1000円、当日1200円
【会場】中野ZERO 視聴覚ホール
【出演】
あきげん(マセキ芸能社)
オジンオズボーン(松竹芸能)
カトゥー直也(マセキ芸能社)
カレー(トゥインクルコーポレーション)
カノン(松竹芸能)
劇団イワサキマキオ(サンミュージック)
ゴールドラッシュ(トゥインクルコーポレーション)
上々軍団(アップフロントエージェンシー)
シャンゼリーゼ(3日スタイル女子部優勝)
ジンカーズ(ニュースタッフエージェンシー)
馬鹿よ貴方は(コレクション・エンタテイメント)
ヒデヨシ(ホリプロコム)
めいどのみやげ(フリー)
【スタイルチャレンジ】
ガロイン
イレブンバック
とんこつスープ
にゅ~とんず
モンブランズ


チケットご希望の方は、mixiメールかコメント欄に連絡下さいませ。

伊豆大島の思い出(10月2日~3日)

もう、一か月前のことか。

ダラダラと長文になっちゃったけど、要するに。
伊豆大島は自然に溢れてましたってお話しです。

あと、ビデオカメラ買いたいので、オススメのあったら誰か教えてくださいm(__)m

【目的】
温泉と海岸でぼーっとするぞ

【持ち物】
上着(野宿用)・カッパ(100均)・折り畳み傘(貰い物)・お金(1万円)・メモ帳(ポケットサイズ)・食パン(期限切れそうだったから)・ポカリスエットの粉末(重たくないから)

【詳細】
夜勤明けで急いで家帰って、持ち物持って電車に乗る(思い立った時には、2日間空いてる日がこの日しかなく、雨も覚悟の上で出発)。
携帯置いて行くし、腕時計ないし、時間わからんし、乗換え検索もできない。
大変だけど、わくわく。

船のチケットは、ヤクオフで入手した東海汽船の割引券で購入。
35%引き。
ジェット船6940円+大型客船2等4140=11080円
が、
ジェット船4910円+大型客船2等2690+割引券400円=8000円
に。

ちなみにジェット船だと1時間45分。
大型客船だと5時間30分くらい。


行きはジェット船。
水面を浮いて進むので、ほとんど揺れず仮眠もとれました。
てか、ちょっとはジェット船に乗ってる時間を楽しみたかったのだが、すぐ寝ちゃったんです。

10:00伊豆大島に到着。
この日は岡田港に着く(海の状況等により2つの港を使いわけるらしい)。
温泉は元町港の方にあるので、そっちを目指すことに。

どしゃぶり。
カッパを着る。
港のパンフレットを手に、貸し自転車を探す。
すぐ見つかったけど、出てきた自転車ボロボロ。
錆び付いてて、鍵もかけらんない。
1日1500円。

どしゃぶりだからカッパ着てても、眼鏡が水滴だらけ。
傘もさす。
元町港目指して、大島一周道路をひたすら進む。
テンション上がってたし、全然平気だったけど、今思えば到着してすぐのこの時が一番どしゃぶりで、一番大変だった。

晴れてたら、大島一周道路はめちゃくちゃ気持ち良かっただろうなぁ。
一周44kmくらいらしいから、自転車でも一周できちゃう。

で、どしゃぶりの中、一時間くらいこいで海岸(弘法浜)発見。
どしゃぶりの海岸、当然誰もいませんでした。
早速2時間くらい、ぼーっとする。

伴くんのこと、家族のこと、自分のこと、浮かんで、消えて。
原始人・動植物・機械・自然などにも思いを馳せる。

波の行ったり来たりを見つめながら。
食パンかじりながら。
一人で大声で漫才してみたり。
体操してみたり。
走ってみたり。
奇声をあげてみたり。

声は大きさ・出し方で聞こえ方が全然違うな~と、改めて実感したり。
動きも、ビデオカメラとかで録画できたらよかったな~。

そうそう、ビデオカメラを買おう。
オススメのあったら誰か教えてくださいな。

しかし、波は恐ろしいですね。
1時間半くらいして、波の来る範囲を把握したつもりでいたら、突然5mくらい記録更新しやがって、とっさにカバン持って逃げたけど。。
カバンから出してた食パンと折りたたみ傘を波に飲み込まれてしまいました。
こ~~わ。

しばし呆然としてたら、雨が止みました。
傘ないし、ここぞとばかりに次の目的地温泉へ。


御神火(ごじんか)温泉は大きな温泉施設で、入場料1000円なんだけど。
なんと3日間フリーパスが1200円!
しかも徒歩5分くらいで行ける浜の湯って露天風呂もフリーパスになります。
こちらは通常入浴料が400円なんで、両方入るなら1回ずつ入るだけでもフリーパスがお得です。

僕は温泉施設は夜楽しむことにして、まず露天風呂へ。
先客はおじさんが一人いるだけ。
景色がめちゃくちゃ綺麗で、露天風呂はじめてだしだいぶテンション上がってました。
そんなに広くはないから、おじさんに悟られないよう静かにはしゃぐ。

ここで雨。

露天風呂に浸かりながらどしゃぶられて、さらに静かにはしゃぐ。
お次はおばさん2人登場。
雨にキャアキャア言いながら、おじさんのとこへ。ご近所さんみたい。
仲良くおしゃべりしてて、微笑ましかったです。
あ、この露天風呂は要水着の混浴です。

なんだかんだで、1時間半くらいぼーっとしてました。
その間、雨は降ったり止んだりで、僕は雨が降り出す瞬間と雨が止む瞬間を何度も体験できました。

ありがたいことにまた晴れてきたんで、サイクリングロードを通って、大島公園を目指す。

このサイクリングロードは素敵過ぎました。
海岸沿いを延々と続く道。

爽快。爽快。
気持ち良かった。

自転車こぎながら、サイクリングロードと大島一周道路作った人に何度も感謝した。

坂道には人生を感じる。
苦労して登ると、楽しい下り坂があり。
自転車で疲れれば疲れるほど、後で入る温泉が気持ちよくて。
じゃあ、29歳の現状は上りなのか下りなのかと。

そんなことを言いながら、2時間ほど自転車こいで、大島公園に到着。
公園内に動物園があるらしく、行ってみる。
入場料無料。
入った瞬間、天から閉園時間(17:00)になりました~、とマイクアナウンス。
あらまぁ。

遠目にハトらしき鳥を見て、動物園にさようなら。
入口のパンフレットを持ち帰る。


音楽聴かずに自転車こぐのも久し振り。
自然の音もいいじゃないか。
都会じゃ、ガチャガチャした音しか聴こえないか。

たまに、カチャッって何か踏みつぶす音。
正体はカタツムリでした。
6月22日の日記(mixiの)で殺生厳禁を誓って、家で虫見つけても放置してるのに。
結構潰しちゃったなぁ。

カタツムリからしたら、災害だと思ってるのか。殺されたと思ってるのか。
長いトンネルをくぐりながら、崩れてこんか心配になる。
神様に踏みつぶされんか心配になる。


暗くなってきた。
自転車こいでると、顔にクモの巣がひっかかる。
眼鏡を持ってかれそうな勢い。
こけそうになる。
ホントに危ない。
こっちのクモはでかい。
こっちのクモの巣はねばねばが強い。
ひょっとして、カタツムリの復讐かと。
思うくらい、顔がクモの巣にひっかかる。
恐かった。

スーパーに何軒かより、おにぎり・惣菜など買う。
19:00~20:00には閉店らしく、半額とか50円引きとか。

岡田港で貸し自転車を返して、元町港の温泉まで10kmくらいバスもあったけど、せっかくだから?歩いて帰ってきた。


19:30~21:00まで温泉でゆっくりする。
ジャグジー・サウナ・水風呂・打たせ湯。
普段はシャワーだけで、ほとんど烏の行水なんだけど。
ゆっくり浸かるとホント気持ち良いですね。
残念ながらあっというまに閉店時間。
明日は土曜だから朝6:00開店らしい。


さぁ、朝までどう過ごそう。
雨はたまにパラパラ。
とりあえず海岸で、食事。
スーパーで買った、おにぎり・とんかつ・角煮入りちまき・揚げ物・カルビマヨパン・饅頭とか。

寝床を探しながら、近くの神社・お寺をぶらぶら。
『憎い人いない ただ憎いと思う 私がいるだけ』
『にんげん毎日誕生日 朝に生まれて 夜に死す』
とか、書いてあった。

外は雨がパラついてて寒いなぁと思ってたら、公衆トイレ発見。
持参した野宿用上着を着て、個室トイレでお休みなさい。
疲れてたので、結構すぐ寝れちゃいました。

時計がないからわからんけど、おそらく4~5時間寝た。
外はまだ暗い。
雨止んでたから海岸へ。

海岸で大の字になってたら、また寝ちゃった。
2~3時間寝たのでしょうか、朝日で目覚める。
気持ち良い。

温泉へ戻る。
7:00でした。
温泉に浸かり、マッサージチェアに座ってたら、また寝ちゃった。

起きたら10:00
また温泉入って、近所のお店をぶらぶら。
名物の椿あげって煎餅が美味しかった。
お昼ご飯に食堂でも、名物のあしたばそば・べっこう寿司(白身魚を島唐辛子しょうゆ漬けにしたもの)・牛乳プリンを食べた。
贅沢だ。

また温泉へ。
帰りの船がどっちの港から出るか調べる(当日にならないとわからない)。
残念ながら、今いる港と逆の方だった。

ぎりぎりまで温泉でぼーっとして、最後はバスで岡田港へ。


帰りは、大型客船だから、甲板(こうはん)にも出ることができました。
船から見る景色も素晴らしく、雄大だな~と思わず呟きました。
雄大って言葉を初めて使いました。
地平線に浮かぶ、伊豆大島はかっこよかったです。

5時間後、甲板からの景色はチカチカしてました。
お台場の電飾は全然綺麗な夜景に見えませんでした。
電車に乗ると、携帯いじってる人・ipodで音楽聴いてる人ばかりでした。

だけど、都会で生活してると、またこの夜景が綺麗に思えてくるんだろうな。
またモバイル系統に汚染されてくんだろうな。
なんてことを電車に揺られながら思ってました。


あと、メモ帳に
・相対性理論、合鍵
って、メモがあるんだけど、何でメモッたのか覚えてない。。

11月ライブ告知・自主ライブ・5日6日の詳細

●11月5日(木)
『オスカー新人開発』
【開場】18:30
【開演】19:00
【料金】500円-高校生以下入場無料-
【会場】下北空間リバティ
【出演】
オスカーの若手芸人

●11月6日(金)
『一金笑イブ』
【開場】18:30
【開演】19:00
【料金】1000円ドリンク付き
【会場】高田馬場BABACHOPシアター
【出演】
おっぱい先生、Jaaたけや、ゲキシム!、マリッジブルーこうもと、高円寺パルサー、もっこり貴族、前田けゑ、ツインクル、HANABI、重政豊、ガロイン、渡辺美弥子、ハードボイルド兄弟、デンシレンジ83幕府、るんるんルーム、デビル剛犬、樹×2、おもいやりゾーン、他


●11月15日(日)
『スリーミニット』
【開場】13:40
【開演】13:50
【料金】前売500円、当日800円
【会場】中野ZERO 視聴覚ホール

●11月17日(火)
『お笑いまるげりぃた』
【開場】18:30
【開演】19:00
【料金】800円
【会場】高円寺無力無善寺

●11月23日(月祝)
『スタイルライブ』
【開場】18:30
【開演】18:50
【料金】前売1000円、当日1200円
【会場】中野ZERO 視聴覚ホール

●11月27日(金)
『ゼロワンライブ』
【開場】18:40
【開演】19:00
【料金】1000円
【会場】中野芸能小劇場

チケットご希望の方は、mixiメールかコメント欄に連絡下さいませ。


で、12月7日(月)に中野Vスタジオで
ガロインの伴くん・断固絶壁の古田くん・ピン芸人さとうとしお
の3人がライブをします。
僕と他数名もでるかも。。

【関係者から一言】
夢にきらめけ金正男

キム兄×甲本ヒロトのトークライブ

品川プリンスシアターへ
や~、ヒロトはやっぱり優しいなと。
所々で感じました。

ヒロトに関するキーワードがパネルになってて、それについてキム兄とトーク。

豆・豆腐・納豆・枝豆・豆パン・給食・矢沢永吉・アグネスラム・山本リンダ・NBA・紅三四郎・いなかっぺ大将・タイムボカン・マナティー・クロマニヨンズ・二丁拳銃・梶原善・八嶋智人・中村獅童・三谷幸喜・清水義範『蕎麦ときしめん』・芋焼酎・泡盛・みんてい(下北)・教習所・水道橋博士・クリーニング店・ピーマン・バッファローマン・レコード・ジョーストラマー(CLASH)・炭酸


矢沢永吉は嫌いになれない。
NBAは哀愁ある表情が好き。
マナティー可愛い。
アルバムの時間、短い方がいい。
八嶋の悪ぶり。
ヒロトの親父、オリジナルクリーニング。



ビールのように、まずかったものがうまくなる。
いま嫌なことが、努力しないで好きになる。
そーゆうことが、他にもいろいろあるんじゃないかと思って生きてる。

その場を盛り上げようとすると8割くらい、ホラになる。

インタビューなどの質問に(伝えたいことは?見どころは?など)、誠実に答えようとすると、全部答えは『わからない』になってしまう。

などなど、ヒロト節が炸裂してて、ドキドキ。
やっぱり好きだ~と、感嘆してました。


松本人志、井上陽水、井上ひさしの『吉里吉里人』・ド根性ガエルなどの話しも、ちらほら。


最後は「ひとつだけ魔法使えるとしたら」の質問に、
ヒロトは『鼻水一生分を一日で、ぶるるるると出しきりたい』と。
キム兄はそれを受けて『ヒロトの人間性が出てる。鼻水出ないようにでもいいのに、出るもんは出しときたいんですね』と。

面白い、素敵な話しをたくさんありがとうございました。


雑誌のインタビューに載ってた言葉
『ハードルは低くていいんだよ。
人がまたげるような低いハードルを、自分は一生懸命飛べばいい。
バカなテンションで思いっきりオリャー!って。
そしたらすっげーおもしろい飛び方できんじゃん。
見たことないような飛び方見つけられるかもしんないじゃん。
高いハードルだと綺麗な飛び方じゃなきゃ飛べねぇもんな』

ガガガSP。東京医科大学の学祭

ガガガSPと電撃ネットワークのライブ
ちょっと寝坊して、一瞬めんどくささが頭を過った。
が、どぉりゃー、と起きる。

急いで整理券を取りに行く。余裕だった。
整理番号40番代。
並んでるあいだ近くの人達の会話がいろいろ聞こえてくる。
みんな共通のバンドを観に来てる人達だから、親近感が湧く。
楽しい。

会場は体育館みたいなとこ。
広い。そして人少ない。
無料なのに贅沢だ。


●青春時代
●私鉄沿線
●人間っていいな
●忘れられない日々
●青春狂時代
●雪どけ
●ユーコ
●線香花火

まだなんかやってた気が。。


音楽で興奮できる喜び。
高価なもの買って喜んだところで、からっぽの虚栄心。
何でもいいから興奮しましょー。
心の貧乏にならないように。

会場からの歓声・野次、空気にも逐一反応するコザック前田さん。
表情から仕草から最高や。

楽しいを越えて、やっぱり面白かった!
カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
月別アーカイブ