芸人ガロインのブログ。

未来のために2

ワンランク上のおっさんは、次の一歩を踏みだすために、今の自分の性格・特徴を分析する~~~。


薗田 剛が思う薗田 剛の性格・特徴

根暗、考えすぎ、記憶力悪すぎ、頑固、好奇心旺盛、責任感は強い、中途半端嫌い、健康、落ち着きがない、のんびり屋、よく頭ん中真っ白になる、人の話をちゃんと聞けない、ケチ、面倒臭がり、ポジティブなフリしてネガティブ、自分大好き、人見知り、感情表現が下手、お世辞おべんちゃらが嫌い、うーーーん。。。他になんかあるか??
よく優しいと言われるけど、優しくないと思う。人のためとか思って何かしたことないと思うし。全部自分のため。うわっ最低だな(笑)でも人のためってなぁ。。
って、こうやって書く事で、こいつはいい人アピールをしとるわけだ。。
って、自分でつっこむのも最初から計算して書いとるわけだ。悪い奴だ。。
って、自分を悪く言う事で、こいつはいい人アピールを……
ってきりないな。

あの、いい事するのって恥ずかしくないですか?
落ちてる空き缶を拾ってゴミ箱に捨てるだけでも恥ずかしい。照れ臭いというか、やっぱ恥ずかしい。偽善者だと思われるのが怖いんだ。かっこ悪いなー。堂々と拾える方がかっこいいよなー。でもそんな奴おったら絶対ケッって思うしなー。

電車で年寄りに席を譲るのも恥ずかしい。ドアが開いた瞬間に、我先にと必死になってる奴はもっと恥ずかしいけどね。
譲るなら、ばれないように無言で席を立つ。僕ははじめから座らないけど。

それと、日記のコメントとかメールってちょっと恐くないですか?
相手がどんな顔して打ってるのか。しらけた顔で「ありがとー☆」とか打たれたらイヤだし。確かに女の子からのメールには「☆」とか「♪」があった方が単純に嬉しいんだけど、なんか。。ありすぎると嘘クサイ。
でも来るメールから「☆」「♪」とかが消えたらヤダな。

僕はなんていうか、嘘よりも嘘クサイ言葉がイヤ。
「嘘でも感情のこもったありがとう」と「嘘じゃないけど感情の入ってないありがとう」。後者の方がイヤじゃない?前者は嘘だけど、もはや本当でしょ。違うか?どういう事だ。
例えば、プレゼントを貰って自分が持ってるものだった時にどんなありがとうを言いますか??よくわからんな。。何が言いたかったんだろ。


生き方を尊敬してる人
松本人志さん、立川談志さん、甲本ヒロトさん

影響を受けた人
島田紳助さん、浜口浜村さん、鴻上尚史さん、峯田和伸さん、aikoさん、岡本太郎さん

うーーーん。自分らしく。。。

「やらなきゃならないことをやるだけさ。だからうまくいくんだよ。」か。
スポンサーサイト

美術館へ行こう

文化庁メディア芸術祭10周年企画展
日本の表現力アート・エンタ・アニメ・マンガ
■「日本の表現力」をテーマにした本展では、現在・過去・未来の3つの視点でメディア芸術の過去と未来を考察する。
■~2/4(日) 10:00~18:00 金~20:00 火休(祝の場合開館翌日休)
■無料
■国立新美術館
■地下鉄乃木坂駅6出口直結


DOMANI・明日展 2007-未来を担う美術家たち
■文化庁が若手芸術家を海外に派遣し研修の機会を提供する「芸術家在外研修(新進芸術家海外留学制度)」。30名のアーティストがその成果を発表。
■~2/18(日) 10:00~18:00 月休(祝の場合開館)
■一般500 大高300
■損保ジャパン東郷青児美術館
■新宿駅西口5分

お暇でしたらどーぞ。

未来のために1

ワンランク上のおっさんは、次の一歩を踏みだすために、過去の自分を振り返り、今の自分の考えを整理する~~~。


高校3年くらいまでは、なんとなく過ごしてた。

幼稚園時代
覚えてない。

小学校時代
どろじゅん(けいどろ)ばっかしてた。

中学校時代
なんとなく楽しい日々だった。成績はほとんどオール3くらいで、入学した時は目立たない普通の生徒だった。なのに中学1年の後期の時、担任の山田先生に学級委員をやるよう勧められた。とても不思議だったなぁ。結局3年間学級委員をやった。おかげで楽しい日々だったと思う。

工業高校時代
大学へは行く気がなかったから、就職に有利だと聞いて工業高校へ入った。学級委員をやってたおかげで推薦で簡単に入れた。
お笑い番組を録画して観るようになった。松本人志の本を読んでいろいろ共感した。
進路を決める時には迷いなくお笑い芸人になろうと思ってた。理由は笑いを作るってのは素晴らしい事だと思ったから。笑いを作ってる人達と仕事ができたらたくさん笑えると思ったから。テレビに出てる若手芸人が言ってることより、僕の考えてる事の方が面白いと思ったから。
ただ、実際にやるといろいろ難しいんだとも思ってた。すぐ売れるのは無理だし、実家も出たかったし、社会人を経験したかったので、寮のある給料の高い会社に就職する事にした。そこで3年間お金を貯めようと思った。

1998~2001年(18~21歳)
寮での一人暮らしが始まった。食堂があったので楽だった。
流れ作業の工場で働いた。作業は楽しくなかったけど、職場には楽しい人良い人がたくさんいて、僕も楽しかった。
芸人になった時のために本や映画をたくさん観るようになった。
夜勤の時は好きな音楽をかけながら作業してよかったので、音楽も聴くようになった。
女の子にモテようと頑張った時期でもあった。

2002年(22歳)
会社を辞める踏ん切りがつかなかった。職場は楽しくて給料も良くて、居心地が良かったから。

2003年(23歳)
もう一度、将来について真剣に考えた。このままここで真面目に働き続ければ、安定した生活が待ってる。けど安定してるこの道は、自分の一生をなんとなく予想できる気がしてやっぱりつまらないと思った。
今年1年働いて丸5年で辞めようと決意した。
余分なものを排除し始めた。シンプルに。楽に。坊主頭にして、服は100均の黒Tシャツとユニクロの無地しか買わなくなった。
会社を辞める時に寄せ書きを貰った。宝物。

2004年(24歳)
一人暮らしを始めた。スパゲッティとチャーハンばっか食べてた。
日記を書き始めた。一日一日を大事にするようになった。毎日違う日にしようと思った。誰かに怒られても、「日記に書く事ができた」と開き直れるようになった。書く事がなければノーパンで出かけたり、命を狙われてる設定で出かけたりもした。日記を読み返すと我ながら面白い。もっと早く書き始めればよかったと思う。
mixi日記は人に見られる前提で書いてるから、また全然違う。けど、これはこれで楽しい。
富士山に登った。5合目からだった為か、簡単に登れてたいして感動しなかった。
ブックオフでバイトを始めた。いい子たち個性的な人達ばかりで楽しかった。
名古屋のNSCに入った。同期のアサヒ、キンバギンバ、戦士ティブマイハート、バックチャンネルはそれぞれオリジナリティーがあって少し面白かった。テレビに出てる若手芸人よりは可能性を感じた。けど今ではほとんど解散したり、やめちゃったり。
確かにみんな下手だったけど、面白いか面白くないかは、上手い下手とは、あまり関係ない気がする。テレビには上手い芸人と楽しい芸人が多すぎる。面白くない。
先輩芸人の中では、浜口浜村さん今井田中さんが断トツ面白かった。けど2組ともレギュラーじゃなかった。テレビに出てる芸人より面白いのに。
レギュラーの中ではアンとニオさん、斉藤けいいちさん、笑炎さん、アンダーポイントさんが面白かった。
自分が舞台に立って思ったのは、まず客に伝えるのが難しかった。緊張、棒読み、表情、動き、声の大きさ、圧力、等。これはさっきの下手でもいいってのとは別で、ちゃんと必要な基礎。
基礎ができてなかったので、ほとんどウケなかったけど、評価してくれる作家、芸人仲間も少しいたので、続けれた。
相方は、芸人の人数が少なかったので余ってる人同士で組むしかなかった。一年で2回解散した。コンビの関係は難しかった。3人目の子とは割と意見があった。合わしてくれてた?。

2005年(25歳)
焼そば、お好み焼、納豆ばかり食べてた。
料理ができるようになりたくて、素材屋でのバイトも始めた。
この時期やたらとボランティアに興味があり、興味本位でいろいろ見学に行った。で、メンタルフレンドとかゆーのに登録した。児童相談所の、子供と遊ぶボランティア。僕以外の登録してる人は教師や心理カウンセラーを目指してる大学生ばっか。その子たちと研修で、真剣10代しゃべり場みたいに話すのがとても面白かった。「常識」や「人はわかりあえないとこからスタート」等のお題で。
芸人としてはロコモコボンゴさんのおかげで、吉本以外の場所でも舞台に立てた。場所、客が違うと同じネタでもウケたりウケなかったりした。少し空気を感じれるようになった。営業や学園祭にも参加させてもらった。いろいろ勉強になった。
基礎がある程度身について思った事。自分が面白いと思う事と客が面白いと思う事には大きなギャップがある。
売れる為には客が面白いと思う事をしなきゃいけないと言われた。客に合わせろと。売れてからやりたい事をやれと。
4人目の子と組んだ。自分が面白いと思う事を一度抑えてみた。相方にネタを作ってもらって、僕は客が笑いそうな事を意識して直した。相方のおかげで今までよりよくウケたし、レギュラーにもなれたけど、限界がきた。違う方向にも行けなかった。
やっぱり客に合わしてちゃ駄目だと思った。客に合わせてたら常識的になっちゃう。非常識が面白いのに。売れたいけど売れるためにやってちゃ駄目だ。やっぱり自分が面白いと思う事を押しつけて行かなきゃ駄目だ。ただ、わかりやすくするのは大事だと思った。自分の面白いと思う事を薄めずにわかりやすく。

2006年(26歳)
肉とスパゲッティばかり食べてた。スーパーの半額になってる肉を買えば、吉野家とかで買うより全然安く作れる事に気付いた。肉は冷凍保存。ご飯も炊く時は5.5合炊いて一食分ずつわけて冷凍保存。
自分がやりたい事を一緒にやれる相方が欲しかった。名古屋で探してもみつかりそうにないし、東京で探すことにした。
4月末に東京へ。
まず道を知るため派遣のバイトをした。居酒屋のホールのバイト。楽しかったけど、派遣だとバイト先の人と仲良くなれないので、道がだいたいわかったら近くのファミレスでバイトを始めた。ここもバイトの子同士が仲良くてとても楽しい。
あとmixiも始めた。東京に来て全然知り合いがいなかったけど、mixiで少し友達もできた。
で、相方探し。
東京はお笑いライブをやってる所がいっぱいあった。出てる芸人もめっちゃいっぱいおった。でも同じ様な芸人ばっか。なんやねん。何がしたいねん。オリジナリティーのあるネタをやらんと。伝えたい事がないと。同じ事しても意味がないでしょう。違う人がやるから全く同じにはならんけど、やっぱり模倣しただけのは駄目でしょう。結果を出してない僕が言っても説得力ないけど、負け犬の遠吠えだけど。誰が負け犬やねん。ボケ~。まだ負けとらんわ。ハゲ~。はぁー。
で、相方を見つけるために50人くらいの人と会った。その中でネタ合わせをしたのが8人くらいで実際に舞台に立ったのが2人。僕が全然面白くないと言ってた模倣芸人たちに客投票で勝てない。良い結果は残せなかった。
50人会って駄目だったからもう相方を探す気にはなれず、一人でやる事にした。一人はなんとなく無理だと思ってたけど、やってみたら意外とやりたい事ができた。でも客投票はいまいちだった。アンケートですごく面白かったって書いてくれた人が2人だけいた。すごく嬉しかった。知り合いは割と面白いと言ってくれるけど、やっぱり知らない人に面白いと言われないとなぁ。
で、プロの審査員に評価してもらえるR1にかける事にした。

2007年1月(26歳)
ネタはいろんな人に見てもらって何度か修正して2週間くらい前には完成して、ばっちり練習もして本番もばっちりやりきって、落ちた。心が折れた。
まだピンで始めて3ヶ月だし、これからもっとネタ作ってやり続ければいいんだけど、楽しくやれそうにない。苦労した分だけ喜びがあるとかゆー奴がおるけど、そんなのヤダ。楽しい事だけして生きるんだ!俺が面白いと思う事が一番面白いんだ!
やばい、アホ丸出しだ(笑)
僕のネタにこんなのがあります。「ブラックホールの事を考えてたのに、いつの間にかバームクーヘンの事を考えちゃってた僕ってやつやります」って言って、舞台の上で僕が考えるだけ。。。あーやっぱり面白いわ。はぁー。
今僕にコンビ組もうと言ってくれてる子が2人いるけど、やる気になれない。
芸人じゃなくても面白い事ができれば何でもいいんだけど、やっぱり芸人がいいもんなぁ。
辞めるつもりはないけど、一旦違う事をしよーかとも思う。彼女を作って遊びほーけるとか、旅に出るとか。
誰か僕を叱ってよ

R1グランプリ

明日一回戦に出演します。ピンでやり始めて3ヶ月弱だけど、一回戦は通らなかんな。明日は150組くらいでる予定で20組くらいは合格すると思う。
もし落ちたら芸人辞めて宇宙飛行士か大統領にでもなるしかないな。


ちなみに今日の一回戦には名古屋の芸人仲間の
『戦士ティブマイハート』さん
『中内こもる』さん
『川角まり』さん
そして名古屋の大御所芸人
『タックイン』の沢さん
が出演するみたいです。
結果を楽しみにしてます。

蹴って祝って驚いた

今日はジョナサン達とボールを蹴った。何度も蹴ったら楽しかった。カエル作戦もうまくいって良かった。

クツの中に何度も砂が入った。最近全然入れてなかったので、靴を脱いでトントンしたら懐かしかった。

遅れてきた翔くんが18歳になったので、18歳の自分を思い出しながら祝った。

公園で出会ったリナちゃんに「声が変」と言われ、ベルちゃんには「ワン」と言われた。このベルちゃんにはシッポがなくて、「シッポがないベルちゃんもいるんだぁ~」と、驚いた。


追伸
スーパーつかさの日曜朝市で卵1パック99円を買えました。
ついでにモモブロック肉100g当り50円を446g買いました。


追伸
昨日ドンキホーテで消味期限当日のQooホワイトヨーグルト味500ml一箱(24本)を158円で買いました。

「怒り」について質問

こんなことされたらめっちゃ怒るとか
こういうことでよく怒るとか
こんなささいなことで怒るとか
何でもいいので教えて下さい。

プリンたべられて怒ったとか
店員のいらっしゃいませの言い方に腹たったとか
メール返ってこんからイラついたとか
全財産を親に盗まれたとか
風強すぎだバカとか

働くおっさん人形の

今日はバイト先に、僕の大好きな番組「働くおっさん人形」に出演している吉田秀雄(59?)さんが来店した。
銀杏BOYZの時とは違い、すきだらけだったので、食事を終えてくつろいでるおっさんに話しかけた。
「すみません。あのー働くおっさん人形観て毎週笑わせてもらってます」と僕が言うと、おっさんは「えっ……………ああっ!」と言って勢いよく立ち上がり「どーもどーも、あー」を繰り返した。僕は「記念に握手して貰えませんか?」と続けた。おっさんは「どーぞどーぞ」と言いながら満面の笑みで握手してくれた。
まわりの客はこのやりとりを不思議そうに見ていた。

あーーびっくりした。

60歳くらいのおっさんに握手を求める僕。

思い出し笑いがとまらないよー。

野見さんにも会いたいな
カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
月別アーカイブ